人生にゲームをプラスするメディア

オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

ソーセージ同士の異色の対戦として人気を博しているミルクの『ソーセージレジェンド』。「東京ゲームショウ 2018」出展されているゲームブースで今秋配信予定の新バージョン2.0の詳細を伺いました。

ゲームビジネス インディ
オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】
  • オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】
  • オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】
  • オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】
  • オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】
  • オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】
  • オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

ソーセージ同士の異色の対戦として人気を博しているミルクの『ソーセージレジェンド』。「東京ゲームショウ 2018」出展されているゲームブースで今秋配信予定の新バージョン2.0の詳細を伺いました。

本作はフォークに刺さったソーセージ同士の“真剣勝負”を描く1対1の対戦型ゲーム。物理演算によるリアルな挙動で互いに敵の身体に自らの身体を叩きつけます。“長押し”でパワーを溜め、任意のタイミングで“離す”だけのシンプルな操作ですが、相手にぶつけるためにはコツが必要。インパクトの強い画面に反して、繊細かつ深みのある“対戦”を重視した設計がなされています。


口コミやSNS、メディアによる紹介等で大変話題を呼んでいる本作ですが、イベント出展は初とのこと。新バージョン2.0では遂に“オンライン対戦”が実装されます。対戦ゲームという観点で気になるのが勝敗数や腕前が分かる“レート”の有無。ミルク代表取締役の谷忠紀氏およびファーメイの卜永全氏に尋ねてみたところ、レート戦の追加予定もあるのだとか。マッチング総数に応じて切り替わっていく予定とのことでした。



もちろん、新規ソーセージも実装。確認した中では“ピザ”や“餃子”といったソーセージが印象的でした。実際のプレイでしようすることはありませんでしたが、配信された際にはどんな活躍を見せてもらえるのか期待が高まります。


ブースでは、ゲームをプレイするとバッジ、アクリルキーホルダーがもらえるという嬉しい特典つき。場所はインディーゲームコーナーのある9番ホールB11。“ソーセージ”ファンなら要チェックです。


これらのほか、既存のソーセージたちへの調整も行われる『ソーセージレジェンド』バージョン2.0は、iOS/Android向けに今秋配信予定です。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【京まふ2013】『ブレイブリーデフォルト』衣装デザインの藤ちょこさん、水彩画の弘司さんによるライブペインティングが行われる

    【京まふ2013】『ブレイブリーデフォルト』衣装デザインの藤ちょこさん、水彩画の弘司さんによるライブペインティングが行われる

  2. ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

    ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

  3. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  4. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  5. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』『CODE VEIN』『WORLD WAR Z』『イースIX -Monstrum NOX-』他

  6. Google+に早くもゲーム登場、ジンガ・EA・Rovioなど

  7. 【CEDEC 2010】外国人が語る欧州言語向けローカライズの実情

  8. 「3本の柱」を軸にあらゆる可能性を模索―よしもとゲームズ代表取締役 斎藤祐士氏に聞くゲーム業界新規参入の意図と展望

  9. スクウェア・エニックスがUIEvolutionを売却

  10. 【GDC 2013】『シムシティ』のエンジニアが語る「サンドボックスゲーム」の作り方

アクセスランキングをもっと見る

1