人生にゲームをプラスするメディア

カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

カプコンは、コーエーテクモゲームスが提訴した特許をめぐる裁判に勝訴したと発表しました。

その他 全般
カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは
  • カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは
  • カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは
カプコンは、コーエーテクモゲームスより提訴されていた特許をめぐる裁判に勝訴したと発表しました。

今回カプコン側の勝訴となったのは、2017年9月21日にコーエーテクモゲームスが知的財産高等裁判所に提起していた審決取消訴訟。この訴訟自体の発端は、2016年4月1日に、特許権侵害訴訟事件と並行して、コーエーテクモゲームスがカプコンの保有する特許第3295771号の無効を求めた特許無効審判請求事件にまで遡ります。

上記の特許無効審判請求は、2017年8月17日、カプコン側が第3295771号を維持する、という旨の審決で終わりました。しかし、コーエーテクモゲームスは2017年9月21日、その審決に対する審決取消訴訟を知的財産高等裁判所に提起した、という流れです。

ちなみに、争点となったカプコン所有の特許第3295771号は、「ゲーム状況が特定の状況にあることを判定した時に、プレイヤーに対し“画像情報からは認識できない情報(例えば、背後に敵がいること)”を、コントローラを振動させることで知らせるもの」というものでした。

カプコンは、「今回の判決により、本件特許の有効性が知的財産高等裁判所に確認されたことになり、裁判所の良識ある判断が先般の当社特許第3350773号審決取消訴訟における特許維持判決に続き示されたものと考えております。」とのコメントを発表しています。
《kuma》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 『ニーア オートマタ』“2B”と“9S”の大型ドール「ドルフィードリーム」受注予約がアナウンス!

  4. 『FGO』マスター御用達なキャリーバッグが登場!デザインと機能性を両立で人理修復や空想切除が捗りそう

アクセスランキングをもっと見る