人生にゲームをプラスするメディア

日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を提供する「ライムライト・ネットワークス」の日本法人「ライムライト・ネットワークス・ジャパン」は、2018年3月にグローバルが発表した報告書「オンラインゲームの現状」の日本調査結果を公開しました。

その他 全般
日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査
  • 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を提供する「ライムライト・ネットワークス」の日本法人「ライムライト・ネットワークス・ジャパン」は、2018年3月にグローバルが発表した報告書「オンラインゲームの現状」の日本調査結果を公開しました。

同社の発表によれば、本調査結果は「オンラインゲームの現状」について、日本・韓国・フランス・ドイツ・イギリス・アメリカの約3,000人を対象として実施し、日本の回答に焦点を当て、グローバルの結果と比較。その違いや傾向などを浮き彫りとしました。

「1週間でゲームに費やす時間」については、「1時間未満」と回答したのは、グローバルで20.1%。日本を除く5ヶ国で最も多かったのは韓国の27.8%で、最下位はイギリスの14.4%。そして日本は、韓国を大きく上回る「32.0%」という結果でした。

その一方で、回答欄の中で最も長時間に当たる「20時間以上」については、グローバルが6.9%に対し、日本は8.4%。こちらも、他5ヶ国を押さえトップとなりました。グローバルな結果と比べると、日本のゲーマーは「カジュアル」と「ヘビー」の2極化が進んでいることが伺えます。

このほかにも、コンテンツ視聴の傾向や、プレイしているゲームのタイプなど、様々な質問を通じて日本のゲーマーの傾向が垣間見えるデータとなっています。詳細は下記のリンク先でチェックできるので、興味がある方は直接ご覧になってみてください。

■ライムライト・ネットワークス「オンラインゲームの状況に関する調査 - 2018年」(pdf)
URL:http://img03.en25.com/Web/LLNW/%7Be2b511ab-237f-46ce-8183-089aee9478cd%7D_180416SOOG_JP.pdf

(C)2018 Limelight Networks, Inc.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「コナン」最新刊で

    「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  2. カラオケで歌いたいアニソンといえば?『ハルヒ』「God knows...」を抑えたトップは…

  3. 元気ですかオマエラ!10月19日の「インサイドちゃんの番組」はあのVTuberが登場だAll Right☆

  4. ビ・ハイアの民事訴訟について、同社代表取締役が反論─「事実とはまったくかけ離れた虚偽」

  5. 「FGO」「アズレン」人気キャラ大集合! 「コスプレ博 in TFT」美女レイヤーまとめ【写真110枚】

  6. 新作リズムゲーム『WACCA』ロケテストが開催!平日にも関わらず多くの参加者が秋葉原に集う

  7. ミニスカートが似合うキャラといえば? 「ワンピース」ナミを抑えたトップは…男性キャラもランクイン

  8. マクドナルド、ハッピーセット「スーパーマリオ」を販売開始―ゲームとして遊べる玩具満載!

アクセスランキングをもっと見る