人生にゲームをプラスするメディア

「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】

その他 特集

「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】
  • 「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編―『ドラクエ』や『FF』、『星のカービィ』といった人気シリーズや気になる話題作が続々と【アンケート】

様々な期待作や注目作が毎月登場しており、どの1本を選んで購入するかは毎回悩ましい問題です。基本的には、自身の好みや直感に従うことが多いことと思いますが、時には他の人の意見を参考にしたいこともあります。

そこで、毎月発売されるタイトルの中から特に関心を集めているタイトルを独断でピックアップし、「あなたが買う今月の期待作は?」というアンケートを実施いたします。この結果は後日改めて公開しますので、購入判断を下すための材料にしてみてください。

今回は、3月発売予定の話題作が対象です。下記の対象作から、購入予定の1本を選んでご投票ください。

◆「あなたが買う今月の期待作は?」3月編アンケート:対象タイトル


■『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』(ニンテンドースイッチ)

国民的人気を誇るRPGシリーズとサンドボックスが融合し、新たなゲーム体験を提供した本作が、新たにニンテンドースイッチに登場。すでに続編のリリースも決定しているので、まずはこちらから遊んでみるのも一興でしょう。『ドラクエ』の世界を舞台に自分だけの「創造」をお楽しみください。

■『FINAL FANTASY XV ROYAL EDITION・WINDOWS EDITION』(PS4/Xbox One/PC)

『FFXV』の内容に加え、「FFXV シーズンパス」と「特典アイテム」、そして新要素「FFXV ロイヤルパック」がセットに。新マップ「王都インソムニア」やファーストパーソンモード、プレイヤーが操作できるクルーザーでの航海など、遊びの幅が更に広がっているので、『FFXV』未体験の方にはうってつけの1本です。「FFXV ロイヤルパック」は単体販売もあるので、プレイ済の方はそちらをどうぞ。

■『北斗が如く』(PS4)

人気漫画「北斗の拳」を「龍が如くスタジオ」が手がけ、かつてない一作としてリリースされる『北斗が如く』。世紀末救世主伝説の歴史に、新たな1ページが刻まれます。物語は完全オリジナルなので、原作ファンにとっても刺激的ですし、「北斗の拳」が詳しくないユーザーも戸惑うことなく楽しむことができそうです。

■『あなたの四騎姫教導譚』(ニンテンドースイッチ/PS4/PS Vita)

人気シリーズの意欲的な展開のみならず、新規IPの創出にも積極的な日本一ソフトウェアが放つ『あなたの四騎姫教導譚』。個性豊かな姫君を、褒めて叱ってのコミュニケーションを通じて、一人前に育てましょう。バトル時は、姫や主人公を操作して敵軍を殲滅させる戦略アクションに。育成に励めばバトルを有利に運べます。また、姫たちのリアクションも魅力的なのでお見逃しなく。

■『シルバー2425』(PS4/PC)

コアなユーザーを中心に人気を集め、後にHDリマスター版も登場した『シルバー事件』と、その続編にあたる『シルバー事件25区』がセットとなり、PS4向けにリリース。『シルバー事件』はHDリマスター版を、そして『シルバー事件25区』はHDリメイク版が収録されるので、両作品を最新の環境で楽しめます。サウンドトラック4枚組などが付属する限定版もあるので、購入予定の方はしっかり吟味しておきましょう。

■『進撃の巨人2』(ニンテンドースイッチ/PS4/PS Vita/PC)

全ての始まりとなった漫画はもちろん、その知名度を更に押し上げたTVアニメ版や劇場版なども好評を博した「進撃の巨人」。その勢いはゲーム業界にも波及しており、前作よりも更に進化したアクションシステムで爽快感を増した『進撃の巨人2』が、満を持して発売されます。より自由度が増した立体機動アクションを駆使し、人類による新たな反撃を楽しめる一作です。

■『ぎゃる☆がん2』(ニンテンドースイッチ/PS4)

“時間”の概念を導入したり、“依頼”を遂行することでゲームが進行したりと、これまでの『ぎゃる☆がん』とは異なる本作。初のナンバリングタイトルを冠するのは、決してダテではありません。眼力(通称:フェロモンショット)で昇天させる、異色の「眼(ガン)シューティングゲーム」の可能性を、更に広げてくれるタイトルとなりそうです。

■『星のカービィ スターアライズ』(ニンテンドースイッチ)

久々の据え置き機向けの新作となる『星のカービィ スターアライズ』。ハートをぶつけて敵を仲間にし、その能力をかけ合わせて作り出す「フレンズ能力」で様々な場面に立ち向かいます。コピー能力ももちろん健在で、「アーティスト」や「スパイダー」といった新能力も登場。可愛く頼もしいカービィと共に、新たな世界へ旅立ちましょう。

■『戦場のヴァルキュリア4』(PS4)

シリーズ1作目がPS3に登場し、『2』『3』はPSP向けにリリース。以後、シリーズの動向はしばらく音沙汰がありませんでしたが、ブラウザゲームやRPGとなる『蒼き革命のヴァルキュリア』といった展開が続き、満を持してのナンバリングタイトルがこのたびリリースを迎えます。序盤体験版が公開されているので、発売日までそちらを遊んでおくのも一興でしょう。

■『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX』(ニンテンドースイッチ)

『ゼルダの伝説』と『無双』のコラボレーションによって生まれた本シリーズは、これまでWii U版と3DS版がリリースされていましたが、本作では両作品で配信されたDLCを完全収録されており、決定版とも言える内容となっています。また、フルHDに対応し、画面分割による2人協力プレイも可能。さらに遊びの幅が広がった『ゼルダ無双』は、ファンのみならずシリーズ初プレイの初心者にもお勧めです。

■『二ノ国II レヴァナントキングダム』(PS4/PC)

魅力的なビジュアル表現で話題となり、豊かな世界観で好評を博した『二ノ国』の続編となる『二ノ国II レヴァナントキングダム』。陰謀により国を追われた幼き王「エバン」が、巨悪へと立ち向かい偉大な王となる冒険と成長が描かれます。グラフィックやゲームシステムなどで様々な進化や新要素の追加が行われており、海外からも注目を集めているほどです。

■『名探偵ピカチュウ』(3DS)

2016年2月にリリースされた『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』に新たなシナリオを加えて登場する『名探偵ピカチュウ』。そのボリュームは前作の2倍以上となっており、遊び応えも増しています。本作におけるピカチュウの声は、大川透さんが担当。これまでのイメージがガラッと変わるピカチュウと共に、ポケモン凶暴化事件に挑みましょう。

■『ファークライ5』(PS4/Xbox One)

世界的な人気を誇る『ファークライ』シリーズの最新作では、アメリカのモンタナ州にある「ホープカウンティ」が舞台に。この地には、狂信的なカルト教団「エデンズ・ゲート」が居を構えており、これまで以上にダイナミックな展開を味わえます。全編を通して、フレンドと2人でのCo-opプレイが楽しめるのも見逃せないポイントです。

■『スーパーロボット大戦X』(PS4/PS Vita)

本作では「ガンダム Gのレコンギスタ」や「バディ・コンプレックス」、「ふしぎの海のナディア」、「魔神英雄伝ワタル」などが初参戦を果たします。また、「マサキ・アンドー」と「サイバスター」の特別参戦も決定しており、シリーズファンの心をくすぐります。多彩な作品による新たなクロスオーバーが、今度はどのような物語を紡ぐのか。どうぞお楽しみに。
《臥待 弦》

【読者アンケート】

「あなたが買う今月の期待作は?」2018年3月編

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

    「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

  2. ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

    ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

  3. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

    アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  4. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

  5. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 「レディ・プレイヤー1」は映画というポップカルチャーを体現した作品だった―CGの向こう側に見えるオタクたちの「オアシス」【レビュー】

  8. 【昨日のまとめ】『アズールレーン』「再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表、駆逐艦「不知火」の改造実装、『スプラトゥーン2』Ver.3.0.0を4月25日より配信…など(4/24)

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る