人生にゲームをプラスするメディア

ドワンゴ代表取締役会長・川上量生が退任─今後はIT全般の最高責任者に

ドワンゴは、代表取締役会長・川上量生氏の退任を発表しました。

その他 全般
ドワンゴ代表取締役会長・川上量生が退任─今後はIT全般の最高責任者に
  • ドワンゴ代表取締役会長・川上量生が退任─今後はIT全般の最高責任者に

ドワンゴは、代表取締役会長・川上量生氏の退任を発表しました。

川上氏は、1997年8月に代表取締役社長に、そして2000年9月に代表取締役会長に就任。以来、会長職だけでも17年に及び、その職務を全うしてきましたが、2017年12月21日に行われた取締役会をもって、ドワンゴの代表取締役会長を退任します。

技術革新が加速していく中、IT(web事業)を事業の柱の一つに据える同社は、技術力の向上という課題に取り組み続けており、川上氏が新技術の開発にこれまで以上に集中することがグループの価値を極大化できると考えたとのこと。そして、同社と川上氏の意向を踏まえた上で、このたびの退任に繋がったとしています。

今後、川上氏はIT全般の最高責任者の取締役として、動画サービス「niconico」の強化や、人工知能、教育事業などのIT先端技術関連の新規事業開発に注力する模様です。

■退任する代表取締役の氏名、役職、退任日
氏名:川上 量生
新職:取締役CTO
旧職:代表取締役会長CTO
退任日:2017年12月21日

■川上氏 ご挨拶
本日付でドワンゴの代表取締役会長を退任し、代表権を有しない取締役となりました。今後は、新規ビジネス及びそれを支える技術の開発に一層注力してまいります。niconicoの運営とサービスはドワンゴ取締役の栗田穣崇が責任者としてユーザーの皆様と向き合い、ユーザーとともに作り上げるniconicoの原点に戻って改善を進めてまいりますので、どうか引き続きご期待いただきますようお願い申し上げます。

同社は先日、niconicoの新サービスとなる「niconico(く)」の発表会を行いましたが、ユーザーの期待に沿うものではなく、厳しい反響が寄せられました。この動向を鑑みて、niconicoの基本性能向上とその実行プランを川上氏が発表し、大きな話題に。

速やかな躍進が求められているniconicoに対して、新たな立場となる川上氏がどのような動きを見せるのか。よりよい変化の兆しになることを願うばかりです。
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. AC『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』2019年夏稼働! 最大20人のスタンド・バトルロイヤルを展開

    AC『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』2019年夏稼働! 最大20人のスタンド・バトルロイヤルを展開

  2. ドワンゴやKADOKAWAを含む5社が共同でVTuber事業会社「株式会社リド」を設立─プロデュースとアニメを主軸に展開

    ドワンゴやKADOKAWAを含む5社が共同でVTuber事業会社「株式会社リド」を設立─プロデュースとアニメを主軸に展開

  3. 企業80社が参加した「ポケモンカードゲーム企業対抗戦」レポート!初心者から上級者まで楽しめる一日限りのバトルロイヤルが開催

    企業80社が参加した「ポケモンカードゲーム企業対抗戦」レポート!初心者から上級者まで楽しめる一日限りのバトルロイヤルが開催

  4. インサイド読者限定の「ペイパル」還元キャンペーン! 新規開設で300円ゲット、利用中のユーザーにもボーナスあり

  5. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  6. 聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 「CygamesFes2018」はコスプレが熱い!『グラブル』公式レイヤーから『ドラガリ』中国人気レイヤーまで【写真132枚】

アクセスランキングをもっと見る