人生にゲームをプラスするメディア

日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

バンダイナムコエンターテインメントは、「VR ZONE SHINJUKU」にてチーム対戦型フィールドVRアクティビティ『近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』の稼働を12月9日より開始します。

ゲームビジネス VR
日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場
  • 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場
  • 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場
  • 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場
  • 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場
  • 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場
  • 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場
バンダイナムコエンターテインメントは、「VR ZONE SHINJUKU」にてチーム対戦型フィールドVRアクティビティ『近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』の稼働を12月9日より開始します。

『近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』は、VRゴーグルを装着し大空間を自由に動き回る「フィールド VR」。日本初となる人対人のチーム戦を行うアクティビティとなっています。

以下、リリースより引用

■攻殻機動隊の世界観を VR で再現

体験者は『攻殻機動隊』の主人公『草薙素子』が召集した特殊部隊のルーキーとしてテロリスト集団の制圧戦に参加します。電脳空間でのブリーフィングや、自身を透明化して敵からカモフラージュする『光学迷彩』など、攻殻機動隊ならではの近未来戦闘を実際に体験することができます。

■チーム対戦型のフィールド VR アクティビティ

VR 空間でのリアルな銃撃戦を実現するため、VR ZONE SHINJUKU内に国内最大級20mx11m の専用アリーナを用意。最大で8人が自由に動き回ることができる全身モーションキャプチャシステムを構築しました。体験者の全身の動きをそのままVR空間に再現することで、攻殻機動隊の世界に自分達が間違いなく存在しているという感覚を生み出し、銃やベストに組み込まれた体感演出が銃撃戦の臨場感を極限まで高めます。

■アクティビティ概要

使用チケット:専用チケット
体験料:2,800円(税込)
※別途入場券の購入(800円)が必要です。
体験人数:最大8名
※サービス開始直後は 4 名での体験となります。
所要時間:30分(ブリーフィング時間含む)
対象年齢:13歳以上

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 ARISE」製作委員会
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《ひびき》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

    ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  2. セガ、本社を品川に移転

    セガ、本社を品川に移転

  3. Wiiなどの家庭用体感ゲームの経験率、10代で約9割に

    Wiiなどの家庭用体感ゲームの経験率、10代で約9割に

  4. SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

  5. 『塊魂』の高橋氏がゲーム業界を去る ― 「悲しい」「好きなことをして欲しい」と海外の声

  6. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  7. Wii U向けソフト開発も!?会社設立5周年、ポイソフト石川社長&中川プログラマーインタビュー

  8. 【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

  9. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  10. 8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然

アクセスランキングをもっと見る