人生にゲームをプラスするメディア

侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス

PCゲーム その他PCゲーム

侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
  • 侍や忍者がドッジボールで戦う『DODGEBALL RISING』発表!―12月にSteam早期アクセス
YouTube:https://youtu.be/NCo2wmmCwFw

国内パブリッシャーのハピネットは、同社ゲームブランドAsakusa Studiosが開発する新作ゲーム、『DODGEBALL RISING』を12月14日(北米時間)よりSteam早期アクセスで発売すると発表しました。本作はボールを使って相手を倒す「3対3」の対戦アクション。シュートやキャッチ、回避、チームプレイを使った多彩な試合展開と個性的なキャラクターで変化ある試合を楽しめるとのこと。

世界観/ストーリー
ドッジボール発祥の地『日出ずる国』を舞台とした
侍や忍者が存在する時代の日本をベースとした世界観。

科学がカラクリと呼ばれ、
侍や忍が日常にあった時代――

戦乱の世が明けても、往来では刀による『殺し合い』が毎日のように起きていた。
事態を重くみた当時の殿様はお触れを出す。
「決闘は全てドッジボールで行うこと」

こうして決闘の代わりとして広まったドッジボールだったが、
やがてそれは市民の娯楽として浸透し、マイボールを持つことが
一つのステータスにまでなっていた。

そこで、無類のドッジボール好きであった殿様は、
ドッジボール御前試合の開催を決める。
純粋に強さを求める者、賞金や賞品が目当ての者、
褒美にされている姫との結婚を望む者、
それぞれの思惑を持ったドッジボーラーが集結する。

勝利を掴み取るのは一体誰なのか――
ここは「日出ずる国」と呼ばれる島国。
ドッジボール発祥の地にして、最強の猛者が集まる地である。






  • 勝利の鍵を握る「ライジングモード」
    チームで協力して、ライジングゲージを溜めれば、ライジングモードを発動できる。 ライジングモード発動中は、キャラクターがパワーアップ。 さらにライジングスキルで有利に戦える。
  • 自分だけのプレイスタイルで戦える
    各キャラクターの個性の異なるステータスと得意なプレイスタイル、個性的なライジングスキルと奥義など自分や相手のタイプ、ポジショニングや試合状況によって自分にあったプレイスタイルで活躍できる。
  • 多様な攻撃アクション
    チームメイトと協力しての連携シュートやフェイント、スローシュートなど、相手の意表をつく多様な攻撃アクションを駆使する事で、カケヒキ、戦略性のある試合展開を楽しめる。
  • 対戦を盛り上げるステージ
    「コートの端で落下する」などのコートごとのギミックで変化に富んだ試合を演出。
  • 勝敗がわかりやすい対戦ルール
    "相手を倒す"というシンプルなルールで勝敗が決まる。 "相手を倒し、長く生き残る"ために、コートの中でうまく立ち回われ。
  • 自分の活躍が実感できるMVPシステム
    自分のプレイした結果がリザルト画面でMVPとして表彰される。
  • ローカル&オンライン対戦
    ローカル、オンラインの両方で最大6人までプレイ可能。






侍、忍者、力士、歌舞伎役者、発明家、巫女などが登場する和風な世界観の『DODGEBALL RISING』。公式サイトには各キャラクターのプロフィールも掲載されているので、興味がある方は要チェックです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

    Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

  2. 【吉田輝和の絵日記】ロボットゾンビおじさんの『からかい上手の高木さん からかいシミュレーションゲーム』

    【吉田輝和の絵日記】ロボットゾンビおじさんの『からかい上手の高木さん からかいシミュレーションゲーム』

  3. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

    『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  4. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  5. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  6. 『アズールレーン』ネルソンら7キャラが『World of Warships』で艦長に! “サン・ルイ”などの計画艦も登場

  7. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  8. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  9. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  10. アクションゲーム版「ロードス島戦記」がSteamで配信決定!―生誕30周年を記念して

アクセスランキングをもっと見る

1