人生にゲームをプラスするメディア

台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦

台湾でキャラクターコンテンツを手がけるSimonCreativeは、同社がSteamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』の拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』を発表、日本語へと対応することをアナウンスしています。

PCゲーム その他PCゲーム
台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦
  • 台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦
  • 台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦
  • 台湾産の萌え擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』拡張版で日本語に対応―茅野愛衣が10役挑戦

台湾でキャラクターコンテンツを手がけるSimonCreativeは、同社がSteamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』の拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』を発表、日本語へと対応することをアナウンスしています。


同作は、台湾を舞台に、都市生活に飽き田舎の実家へと戻ってきた主人公が田植え仕事を引き受けて、稲の精霊「穂姫」との交流をしながらお米の栽培を手がける育成SLG+ADV。ストーリーに沿って物語を進行するモードと、ストーリークリア後に解放される、様々な姿、性格へと「穂姫」を成長させられる育成モードの2種類のモードが用意されています。


発表された拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』では、「穂姫」の新たな成長パターンが追加される他、お米以外の萌え擬人化の新キャラが登場。そして、「穂姫」へと日本語CVが実装されます。日本語CVは人気声優の茅野愛衣さんが務めており、「穂姫」の成長パターン10種全てを演じ分けるとのこと。また、従来中国語のみだった字幕も告知画像によれば「中日バイリンガル字幕版」となる模様です。


『東津萌米-穂姫PLUS』は2017年11月22日夜10時にSteamにて発売予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『P.T.』のファンリメイク『Unreal PT』がPC向けに無料配信―ほぼ全てをゼロから再作成

    『P.T.』のファンリメイク『Unreal PT』がPC向けに無料配信―ほぼ全てをゼロから再作成

  2. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  3. 『FFXIV』×『からあげクン』限定フレーバーが1月22日より登場!店内放送などキャンペーン3種も実施

    『FFXIV』×『からあげクン』限定フレーバーが1月22日より登場!店内放送などキャンペーン3種も実施

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. PC版『バイオハザード RE:2』4K/60fpsプレイ映像! 最高の恐怖を最高のビジュアルで…

  6. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  7. 【特集】『ゲームダウンロードストアまとめ』編集部オススメゲームも厳選!

  8. 『NAVYFIELD NEO』いよいよ「GNGWC 2007世界大会決勝」〜日本代表優勝で割引セールを実施〜

  9. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

アクセスランキングをもっと見る