人生にゲームをプラスするメディア

美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

インディーデベロッパーVraiは、VRババ抜きゲーム『OldMaidGirl』をSteamにて配信開始しています。

ゲームビジネス VR
美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始
  • 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始
  • 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始
  • 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

インディーデベロッパーVraiは、VRババ抜きゲーム『OldMaidGirl』をSteamにて配信開始しています。


同作はVR空間で可愛い女の子とババ抜き(OldMaid)をするタイトル。本当にただババ抜きをするだけの上、プレイ位置の制限はされておらず、相手の手札を
見ながらですらプレイ可能と、ゲームとしては非常に小粒なタイトルです。

しかしながら、本作はSteamストアページに記載されている通り、本来の目的はババ抜きをしている体で女の子とイチャイチャするのが真の目的。体の「一部パーツ」を触った時に該当パーツが揺れるなどの表現はあるので、体や手を近づけての“密なスキンシップ”がしたい方も一安心。


ただし、残念ながら本作はあくまで健全なゲーム。決してスキンシップの反応などに重点を置いたタイトルではありません。ですが、ただ近づくだけでなく、膝枕や添い寝といった様々な体勢で、可愛い女の子とVR空間で戯れているうちに、思わず日々の疲れが癒されてしまう方もいるのではないでしょうか?


なお、本作はHTC Viveのフロントカメラ映像を利用したAR表示にも対応。HTC Viveユーザーは実際の自分の部屋の中で女の子とイチャイチャすることも可能です。

『OldMaidGirl』はWindowsのHTC Vive/Oculus Rift/OSVR向けに、Steamにて198円で配信中。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【ゲームニュース一週間】ゲームソフトの年齢制限は無意味なのか?

    【ゲームニュース一週間】ゲームソフトの年齢制限は無意味なのか?

  2. バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

    バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

  3. 【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

    【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

  4. スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

  5. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  6. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  7. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

  8. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  9. 吉本興業が手掛けるe-Sportsチームとリーグの運営とは?「吉本興業e-Sportsセミナー」レポート

  10. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

アクセスランキングをもっと見る