人生にゲームをプラスするメディア

「GLAY」ボーカルのTERUが『FFXIV』に熱中─Twitterの利用に一石を投じる発言に反響多数

ロックバンド「GLAY」のボーカリストとして、音楽業界の最前線を走り続けているTERUさん。実はゲーム好きという一面も持っており、3DSソフト『モンスターハンターダブルクロス』も発売日に購入したほどです。

その他 全般
「GLAY」ボーカルのTERUが『FFXIV』に熱中─Twitterの利用に一石を投じる発言に反響多数
  • 「GLAY」ボーカルのTERUが『FFXIV』に熱中─Twitterの利用に一石を投じる発言に反響多数

ロックバンド「GLAY」のボーカリストとして、音楽業界の最前線を走り続けているTERUさん。実はゲーム好きという一面も持っており、3DSソフト『モンスターハンターダブルクロス』も発売日に購入したほどです。

そんなTERUさんが、先日インスタグラムにて、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、FFXIV)を遊び始めたと報告。実写とゲーム映像を組み合わせたドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の主題歌をGLAYが担当しており、「光のお父さんを見て、やろうと決めた」と『FFXIV』を始めるきっかけなども明かしました。

その後、自身のTwitterアカウントにて、「FF14の世界は本当に素晴らしい」「イシュガルドを始めました!」など、『FFXIV』の冒険や味わった興奮を投稿。新たな世界から受ける楽しさを綴る日々を送っていました。








こうして、TERUさんのTwitterには『FFXIV』に関するつぶやきが増えました。すると、Twitter利用者の一部から、ゲームのつぶやきについてはゲーム専用のアカウント作った方が良いのでは、との声があがるように。そういった反応に、TERUさんは「そもそもツイッターってそういうものなのでしょうか?自由じゃないのでしょうか?」「ゲームやらない方には全く関係ない事なのでつまらないとは思いますが、これも僕の一面とは思っては貰えものでしょうか?」と、率直な疑問を呟きます。

SNSは不特定多数が利用するため、利用規則のみならず、一定のマナーなどもあります。しかし、芸能人やアーティスト、クリエイターなどのプライベートな面は、アカウントを別に用意しなければならないのか。TERUさんの発言は、SNSの在り方を改めて考えさせる一言となり、多くの利用者から反響を集めました。


また同時にTERUさんは、「そう言う事で頭悩ませるのも疲れてしまうので、これからは別垢でFF14の情報はお届けしますね」と、ゲームの話題は別のアカウントで行うと発言。かつて使用していたアカウントのひとつを流用し、「ゲーム専用TERU垢」をスタートさせました。ゲーム専用として7月9日に再始動した該当アカウントは、すでにフォロワーが6万人を突破。TERUさんのゲーム報告を楽しみにしている方が相当数いることの表れと言えるでしょう。




ちなみにTERUさんは、ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』やPS4ソフト『モンスターハンター:ワールド』にも興味を抱いており、「買いだうぃっしゅ!」「モンハンワールドは絶対に買います!」といった発言も残しています。『FFXIV』はもちろんのこと、新たなゲームの感想や興奮も、今後綴られていくことでしょう。




(C)2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  2. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

  3. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

  4. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る