人生にゲームをプラスするメディア

国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す

2017年5月14日から15日にかけて開催された「TOKYO INDIE FEST 2017」。Area34が開発中の、ハイクオリティなターン制ストラテジー『TINY METAL』もプレイアブルな形で展示されていました。同作のプレイフィールをお送りします。

PCゲーム その他PCゲーム
国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す
  • 国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す
  • 国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す
  • 国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す
  • 国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す
  • 国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す

2017年5月14日から15日にかけて開催された「TOKYO INDIE FEST 2017」。Area34が開発中の、ハイクオリティな国産ターン制ストラテジー『TINY METAL』もプレイアブルな形で展示されていました。同作のプレイフィールをお送りします。


『ゲームボーイウォーズアドバンス』シリーズに強く影響を受けた、本作『TINY METAL』は、多くの有名スタッフが関わるターン制ストラテジータイトル。以前Game*Sparkでもお伝えした通り、KickStarterキャンペーンを実施していた本作ですが、残念ながら出資に恵まれずキャンペーンはキャンセルに。しかしながら、その後独自に出資を獲得し、開発はしっかりと続行されていた形です。


今回TOKYO INDIE FEST 2017で展示されていたバージョンは、複数のシングルストーリーミッションと、スカーミッシュモードをプレイすることができました。筆者が序盤のシングルミッションを体験した限りでは、操作系は単純明快、ルールも分かりやすいもので遊びやすかっただけでなく、動作もすこぶる快適。各種の画面推移や敵ターン時のAI思考速度も非常にテンポよく、不満を感じることはありませんでした。


本作の特徴として、ユニットに攻撃の代わりに“ロックオン”を指示することで、他のユニットの攻撃時に支援射撃として一斉攻撃を敢行することが可能なことが挙げられます。一斉攻撃の場合、反撃の被害を受けるのは攻撃の起点となったユニットのみとなっており、そのおかげで厄介な装甲車両などを相手にする場合でも、対戦車兵以外が一切無意味ということもないのは嬉しい所。また、もし敵に優位なポイントを抑えられてしまっても、被害覚悟の“突撃”で、敵ユニットの押し出しが可能であるのも戦略性を高めることに寄与していそうです。


「日本のアーケードウォーゲームジャンルを復活させる」ことを目指している本作。開発に伺った所、『ゲームボーイウォーズアドバンス』シリーズの新作が開発されなかったことが本作の開発の大きな動機の一因であるとのこと。同シリーズの“精神的続編”としてもユーザーには期待が高まるタイトルではないでしょうか。

『TINY METAL』は、2017年10月発売予定です。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex』あるある10連発! ジャンプマスターの譲渡、うかつに敵のポータルに入ってピンチなど

    『Apex』あるある10連発! ジャンプマスターの譲渡、うかつに敵のポータルに入ってピンチなど

  2. デカすぎるフリーゲーム『出過杉くん』が話題沸騰!ぶっとんだ内容に「面白すぎてお腹痛い」

    デカすぎるフリーゲーム『出過杉くん』が話題沸騰!ぶっとんだ内容に「面白すぎてお腹痛い」

  3. 『FF ピクセルリマスター』から『FF1』『FF2』『FF3』配信開始!名作が新たなグラフィックとサウンドで蘇る

    『FF ピクセルリマスター』から『FF1』『FF2』『FF3』配信開始!名作が新たなグラフィックとサウンドで蘇る

  4. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  5. 『FF ピクセルリマスター』発売に伴い“旧バージョン”が販売終了へ―3Dリメイク版『FF3』と『FF4』には影響なし

  6. 第6回「CRカップ」出場メンバーまとめ! 『Apex Legends』人気インフルエンサーが集結、初出場者も

  7. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  8. 「開発中止はしません!」で始まった『ブルプロ』の情報番組「ブルプロ通信」番外編―新クラス「ヘヴィ スマッシャー」が発表

  9. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  10. Steam版『ネプテューヌ』が“ありえないレベル”で大好評、日本語版の制作も決定

アクセスランキングをもっと見る