人生にゲームをプラスするメディア

前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった

PCゲーム その他PCゲーム

前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった
  • 前作の雰囲気継いだ『OPUS: Rocket of Whispers』は情緒感溢れるADVだった

2017年5月14日から15日にかけて開催された「TOKYO INDIE FEST 2017」。インディーデベロッパーSIGONOはアドベンチャーゲーム『OPUS: Rocket of Whispers(OPUS 魂の架け橋)』を展示していました。



本作はSteamなどで発売中の『OPUS: The Day We Found Earth(OPUS 地球計画)』の続編。宇宙を舞台にしたSFストーリーであった前作と異なり、本作では大災害で人がほぼ死に絶えた惑星を舞台に、少年と“巫女”の少女が、未練を残した霊魂たちを鎮めるため、ロケットを制作し宇宙へと打ち上げることを目指す物語が展開します。



ゲームシステムも大きく変わりました。前作では、ストーリーのガイドに従いながら伝説の惑星“地球”を探して、宇宙船からただひたすらに無数の星を望遠鏡で眺める内容でしたが、本作ではトップビューの画面で雪に覆われた地域を探索、各地に点在するアイテムを回収してロケットの修理などを行いながら物語を進めていく構成。イベントでは選択肢の要素が追加された他、ガイド要素もパワーアップ。イベントの起こるポイントが分かりやすく変更され、ゲームを進めやすくなっています。


本作は内容こそストーリーや背景設定含めて前作と完全に別のものとなっていますが、幾度も失敗を繰り返しながら壮大な目標へと一歩づつ前進していくキャラクターたちや、作品全体に溢れる情緒感は前作からの確かな繋がりを見せていました。


『OPUS: Rocket of Whispers』は2017年夏にPC/モバイル向けに発売予定です。

《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

    Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. アクションゲーム版「ロードス島戦記」がSteamで配信決定!―生誕30周年を記念して

    アクションゲーム版「ロードス島戦記」がSteamで配信決定!―生誕30周年を記念して

  4. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  5. 【吉田輝和の絵日記】ロボットゾンビおじさんの『からかい上手の高木さん からかいシミュレーションゲーム』

  6. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  7. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  8. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  9. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  10. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

アクセスランキングをもっと見る