人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」

スクウェア・エニックスより好評発売中の『ニーア オートマタ』(PS4/PC)の楽曲を演奏するコンサート、「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」の東京公演が、2017年5月4日(木)と5日(金)、東京・有楽町のよみうりホールにて開催されました。

その他 音楽
【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」
  • 【レポート】珠玉の『ニーア』楽曲演奏と声優陣の熱演に酔いしれた!「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」


続いて披露されたのは、レジスタンスキャンプで流れる楽曲「穏ヤカナ眠リ」。後藤氏が奏でるゆったり穏やかなギターと、優しく奏でられる帆足氏のピアノにのせて、エミ氏の包み込まれるようなやわらかくやさしい歌声が、会場をふんわりと包んでいきます。そのあまりの心地よさは、心がやすらぎ、安らかな眠りにおちてしまいそうなほどの癒し度を持つ演奏でした。



続いては、遊園地廃墟のボスとの戦闘で流れる楽曲「美シキ歌」です。とある理由で“美”を追い求めるようになった女性の悲恋と、哀しき叫び。それを表現するかのように、エミ氏とジュニーク氏の二人が熱唱します。激しく打ち鳴らされるパーカッションの音色や、掻き鳴らされるように響くストリングスも、その叫びをより一層演出していました。


後藤貴徳氏


次に披露されたのは、「曖昧ナ希望/氷雨」。2Bと9Sの姿がスクリーンに映し出される中、帆足氏のピアノと後藤氏のギターによる切ないメロディにのせて、エミ氏の哀しき情感にあふれた歌声がホール中に響きわたります。悲哀に満ちた、心をえぐられるようなあまりにも切ない響きには、ゲームでの思い出がフラッシュバックして、思わず涙腺がゆるんでしまったという方も多いのではないでしょうか。

ここで石川氏・花江氏・安元氏が再び登場し、朗読劇の第二幕が挿入。先の読めない展開に、観客全員が固唾を飲んで見守ります。



続いて披露されたのは、前作の人気曲「イニシエノウタ」の『ニーア オートマタ』でのアレンジバージョンです。アップテンポで壮大なリズムにのせて、エミ氏とジュニーク氏の二人が、儚い印象を持つ名曲を歌いあげます。この楽曲はデボルとポポルのテーマ曲とも言えるものですが、エミ氏&ジュニーク氏の熱のこもった歌唱は、デボルとポポルに課せられた運命と、彼女たちがたどった軌跡を想起させる見事な表現力で、魂が震えるほど素晴らしいものでした。


(左から)石井咲希さん、河野万里奈氏

次は、機械生命体の村で流れる楽曲「パスカル」です。この楽曲では、原曲でもボーカルを担当した石井咲希さんと河野万里奈氏が登場し、キュートな歌声を披露しました。二人は手をつなぎ、つないだ手を前後に振りながら歌っていたのですが、石井さんが一生懸命歌っている様子がとても可愛らしく、観客からは二人を応援するかのように手拍子が入りました。歌い終わった瞬間、ひときわ大きな拍手が観客から二人に贈られます。


続いて披露されたのは「終ワリノ音」です。スクリーンに作中のキャラクター「アダム」と「イヴ」の姿が映し出される中、繊細なストリングスとピアノの旋律にのせて、エミ氏のささやくように穏やかな歌声がよみうりホールに響きます。穏やかでありながら、静かな終末感を感じさせるサウンドに鳥肌が止まりませんでした。

ここで朗読劇の第三幕が披露され、物語はクライマックスへと近づいてゆくことに――。


続いての「顕現シタ異物」では、重厚なパーカッションの音色に乗せて、ジュニーク氏の伸びやかな歌声が響きます。しっとりした寒々しさを感じさせるストリングスの音色も印象的でした。続いての「塔」では、ふわふわした幻想的なサウンドにのせ、エミ氏が美しい歌声を重ね、まるで泡沫の夢のような世界を作り出していきます。


次は「双極ノ悪夢」。終盤の連続ボス戦で流れるこの楽曲は、激しさにあふれたもので、ゲームの演出さながらにエミ氏とジュニーク氏の二人が交替で迫力たっぷりに歌い上げました。

続いては「追悼」。この楽曲は今回の公演で唯一の、ボーカルが入らないインストゥルメンタル。胸を締め付けられるほど切なさに満ちていながら、美しさのある旋律が、ストリングスのみでしっとりと丹念に織りあげられるように紡ぎあげられます。


そして迎えた朗読劇の第四幕。物語は急展開を迎え、『ニーア』らしい衝撃的な結末に。やや呆然としているところで、重々しいピアノの音色から始まったのは「Weight of the World/壊レタ世界ノ歌」。しっとり奏でられる帆足氏のピアノにのせて、河野氏が情感たっぷりに歌いあげます。日本語の歌詞で否応なくダイレクトに伝わってくる河野氏の歌声は、大いに心を震わせるものでした。歌い終えると、観客からは大きな拍手が贈られます。

《hide/永芳英敬》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】『原神』甘雨から『FGO』楊貴妃まで!中国人気レイヤー・千夜未来の気品ある透明感が尊い【写真21枚】

    【コスプレ】『原神』甘雨から『FGO』楊貴妃まで!中国人気レイヤー・千夜未来の気品ある透明感が尊い【写真21枚】

  2. 元競走馬「ナイスネイチャ」の誕生日記念寄付、わずか24時間で1,300万円超え! ―『ウマ娘』人気も後押しか

    元競走馬「ナイスネイチャ」の誕生日記念寄付、わずか24時間で1,300万円超え! ―『ウマ娘』人気も後押しか

  3. 快適に長時間ゲームをプレイするには必須!おすすめのゲーミンググラス5選─FPS専用やプロチーム監修モデルまで

    快適に長時間ゲームをプレイするには必須!おすすめのゲーミンググラス5選─FPS専用やプロチーム監修モデルまで

  4. ゲームでも全集中!「鬼滅の刃」冨岡義勇モチーフの“全集中チェア”を抽選で5名にプレゼント

  5. 『ウマ娘』大食いの怪物「オグリキャップ」のどんぶりが商品化!「…足りるだろうか?」に応えるサイズ感

  6. スクエニが堂本光一さんとコラボ!新ソロアルバム「PLAYFUL」に映像制作・作曲で参加

アクセスランキングをもっと見る