人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

任天堂は、平成29年3月期決算を発表。売上高4,890億円(内、海外売上高3,590億円、海外売上高比率73.4%)、営業利益293億円、経常利益503億円、当期純利益1025億円と、今年1月に発表した業績予想を上回る連結経営成績となりました。

任天堂 その他
任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売
  • 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売
  • 任天堂ロゴ
任天堂ロゴ
任天堂は、平成29年3月期決算を発表。売上高4,890億円(内、海外売上高3,590億円、海外売上高比率73.4%)、営業利益293億円、経常利益503億円、当期純利益1025億円と、今年1月に発表した業績予想を上回る連結経営成績となりました。

この決算短信の中で、当期の経営成績の概況にも触れており、今年3月に発売されたニンテンドースイッチ関連についても言及。まず、同時に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は世界中で人気を博しており、ニンテンドースイッチ版を276万本(Wii U版を含めると、合計384万本)を販売したと明かします。また、ニンテンドースイッチ本体の販売台数は274万台にのぼり、ソフトウェアの販売本数は546万本と発表。新ハードのスタートは、全体的に好調な出足と言えそうです。

3DS関連では、『ポケットモンスター サン・ムーン』が1,544万本の大ヒットを記録。さらに、『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』が234万本、『星のカービィ ロボボプラネット』が136万本と、いずれも順調に販売本数を伸ばしたとのこと。こちらのハードウェアの販売台数は727万台、ソフトウェアの販売本数は5,508万本と、いずれも前年同期比増となりました。

一方、Wii Uは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がミリオンを記録したものの、ソフト・ハードともに前年同期と比べ大きく減少。ニンテンドースイッチに、据え置き機としての役割を渡す形となりました。

■任天堂 平成29年3月期 決算短信
URL:https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2017/170427.pdf
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

    『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

  2. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

    『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  3. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

    『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

  4. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  5. 『モンハンライズ』×『モンハンストーリーズ2』新たな連動要素が発表!体験版プレイで“特別な護石”をプレゼント

  6. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  7. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  8. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  9. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  10. 沖縄が“ポケモン尽くし”となる「そらとぶピカチュウプロジェクト」始動!―ポケモン社×スカイマーク社による発表会の模様をレポート

アクセスランキングをもっと見る