人生にゲームをプラスするメディア

『パックマン』カジノ向けスロット機器が登場!米国・南米・豪州向けに展開が実施

バンダイナムコエンターテインメントは、『PAC-MAN VIDEO SLOT WILD EDITION』を2017年夏より北米および南米地域で稼働すると発表しました。

その他 全般
『パックマン』カジノ向けスロット機器が登場!米国・南米・豪州向けに展開が実施
  • 『パックマン』カジノ向けスロット機器が登場!米国・南米・豪州向けに展開が実施
  • 『パックマン』カジノ向けスロット機器が登場!米国・南米・豪州向けに展開が実施
  • 『パックマン』カジノ向けスロット機器が登場!米国・南米・豪州向けに展開が実施

バンダイナムコエンターテインメントは、『PAC-MAN VIDEO SLOT WILD EDITION』を2017年夏より北米および南米地域で稼働すると発表しました。

『PAC-MAN VIDEO SLOT WILD EDITION』は、『パックマン』を題材にしたカジノ向けゲーミング機器です。開発はオーストラリアのゲーミング製品開発会社「アインズワースゲームテクノロジー」と共同で行っており、バンダイナムコエンターテインメントが手がける初のカジノ向けゲーミング機器となります。


この製品は、アメリカ・サンディエゴで開催中の「National Indian Gaming Show 2017」アインズワースブースにて2017年4月11日(現地時間)に初披露されました。今後は、2017年度中に豪州版へのローカライズも予定。米国をはじめ、オーストラリアといったゲーミング市場における主要地域での展開を図っていくとのこと。


ゲームとしては、リール画面を覆い尽くす巨大パックマンがフルーツを食べたり、おなじみのゴーストがシンボルとして多数出現するなど、『パックマン』の世界感を表現した多彩な演出が特徴となっています。

【AM事業部 事業部長(執行役員)堀内美康からのコメント】
このたび、エンターテインメントの本場、ラスベガスをはじめとした北米地域を中心に、ゲーミング市場へ参入いたします。当社ならではのIPとその世界観を活かした演出、あるいはゲーム開発で培ったノウハウを活かし、「パックマン」を皮切りに、これまでにない彩りのあるゲーミング機器を提供していきたいと考えています。また、今後は世界中の方々にバンダイナムコエンターテインメントならではのアイデアあふれるゲーミング機器を楽しんでいただけるよう、稼働地域の拡大も目指してまいります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

※画面は開発中のものです。

PAC-MAN(R) VIDEO SLOT WILD EDITION&(C)2017 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

    ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

  3. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

    【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  4. 「ゲームの都」を目指す仙台市ー”オモシロイ”を創造するビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  5. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  6. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  7. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  8. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  9. 「お稲荷JKたまもちゃん!」のキャラは実在する?―吉田輝和がゲーム雑談しつつユウキレイ先生に色々訊いた!【漫画特集】

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る