人生にゲームをプラスするメディア

ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発

マイクロソフト Xbox One

ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発
  • ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発
Microsoftよりリリース予定の新型ハイエンドXbox One「Project Scorpio」。Eurogamerのハードウェア分析コーナーDigital Foundryは、本機の詳細を明らかにしました。

Eurogamerによると、「Project Scorpio」は、12GB GDDR5メモリを搭載。本機のコア、Scorpio EngineのSoC(system on chip)は再びAMDと共同開発されたとのこと。『Forza Motorsport』デモでは、ネイティブ4KとXbox One同等のセッティングで動作。毎秒60フレームを記録し、パフォーマンスオーバーヘッドを大幅に上げた、と伝えています。また、同メディアは、Microsoftは4Kをターゲットにしているが、1080pユーザーにも注意を払っており、すべてのモードが利用可能であると約束している、とも記載していました。

■EurogamerによるProject Scorpioスペック
CPU: Eight custom x86 cores clocked at 2.3GHzGPU: 40 customised compute units at 1172MHzメモリ: 12GB GDDR5メモリ帯域幅: 326GB/sハードドライブ: 1TB 2.5インチ光学ドライブ: 4K UHD Blu-ray
Eurogamer/Digital Foundryでは、比較対象として既存のXbox OneおよびPS4 Proのスペックもこちらで紹介しています。

ゲーム録画機能「Xbox GameDVR」では、次世代のHEVCコーデックを使用することで4K60にアップグレードし、フルHDRでコンテンツをキャプチャ可能。また、マイクロソフトが「レトロアクティブスクリーンキャプチャ」と呼ぶものは、適切なタイミングでスクリーンショットボタンを押さなくても、フレーム単位でキャプチャを移動し、最適なショットを取り出せるとのことです。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

    【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

  2. Xbox One版『PUBG』国内発売日決定―パッケージ版も登場

    Xbox One版『PUBG』国内発売日決定―パッケージ版も登場

  3. マイクロソフトが5月21日にプレスイベントを開催、遂に次世代Xboxが発表か

    マイクロソフトが5月21日にプレスイベントを開催、遂に次世代Xboxが発表か

  4. Microsoftが「Kinect」の生産を終了ーサポートは継続

アクセスランキングをもっと見る