人生にゲームをプラスするメディア

「劇場版SAO」 海外興行収入6億円突破 全世界でヒット記録を更新中

その他 映画

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
  • (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
2017年2月18日公開の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が日本のみならず世界でも好成績を記録している。海外での観客動員数が70万人、興行収入が6億円を突破した。

本作は3月9日に北米で公開され、初日から4日間で興行収入135万ドル(約1.5億円)を叩き出す大ヒットスタートとなった。これはAniplex of Americaの劇場公開作品における初週末最高記録で、作品自体もファンや批評家から好評を博している。4月22日からは英語吹替版の上映がスタートする予定だ。
アジアでは2月下旬より上映中。とくに台湾での人気が高く、初週3位にランクインし、累計興収は1.5億円を突破した。韓国では興収8000万円、シンガポールでは5000万円となっている。今後は、香港、インドネシア、ベトナム、イギリス、イタリアをはじめとする地域での公開が控えており、ドイツ、メキシコ、フランス、イタリアでは吹替版での上映も予定している。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
配給:アニプレックス
上映時間:119分

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

    【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

  2. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  3. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

    【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

  4. 【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

  5. 現・世界チャンピオンによるオセロ講座も!『逆転オセロニア』リアルイベントレポート

  6. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  7. 【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】過去の名作が復活しても、それは自分にとっては“今のゲーム”という悩み

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

アクセスランキングをもっと見る