人生にゲームをプラスするメディア

にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!

その他 全般

にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!
  • にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!
  • にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!
  • にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!
  • にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!

ゲオグループのエイシスは、同社が保有するマスコットキャラクター「にじよめちゃん」が岡山県方面に向けて刺客「にじよめJAPAN」を放った、との発表を行いました。

美少女ゲームに特化したゲームプラットフォーム「にじよめ」のイメージキャラクターのような何か……という、ちょっと不思議な存在「にじよめちゃん」。見た目は幼い女の子のようなのに、公称身長は215cmという想定外のサイズ。しかも、事業的観点からの厳密なセグメントも行われず、また言動が粗暴なためしばしば物議を醸し出すなど、荒れるに任せてある状態というフリーダムさも拍車をかけ、SNSなどでは独特の人気と地位を獲得しています。

そんな「にじよめちゃん」が放った刺客「にじよめJAPAN」とは、3月18日から3月20日までの3日間にわたり岡山県倉敷市のゲームセンター「ファンタジスタ」にて、日本赤十字社を通じた東日本大震災への寄付を想定してチャリティゲーム大会「第7回 頑張れ日本 ~ゲーマーズチャリティバトル~」 が開催されることを受け、にじよめちゃんが1日限定で組織したゲーマーチームのこと。

「にじよめJAPAN」の名称は、チームを構成する2名のプロゲーマー・井上氏およびMOV氏(Team GRAPHT所属)がかつて結成していたチーム「井上JAPAN」の名前にあやかったもので、エンターブレイン(現・KADOKAWA)主催の格闘ゲーム大会「闘劇」において通算3回の優勝を飾るなど、圧倒的な戦績を残した井上JAPANの「限定的復活」とも言える「にじよめJAPAN」。その力の入れようから、「にじよめちゃん」の本気度合いが伺えます。

ですが実は、「にじよめちゃん」自身は格闘ゲームのことはまったくと言ってよいほど分かっていないため、「代打ちできるヤツを農奴(にじよめちゃんに使役されている従業員の総称。奴隷同然だが、農地の移動が認められている)の知り合いから探させた」結果、今回のチーム編成が行われたという経緯があるとのこと。この補足からも、「にじよめちゃん」らしいパーソナリティを窺い知ることができます。

地方のチャリティ大会にプロゲーマーを送り込んででも優勝を狙うという行為に、SNS上などでは「粋」「かっこいい」といった賛同意見と同時に、「大人げない」といった否定的意見も散見。そんな意見に対しては、「大人げない? 大人だからできるんだよ」と、とんちのような供述で切り返した模様です。

■にじよめJAPAN 出場日程と種目、使用キャラクター
初日3月18日(土)のみ
14時『ストリートファイターIII 3rd strike』(MOV:春麗、井上:まこと)
17時『ウルトラストリートファイターIV』(MOV:いぶき、井上:ケン)
20時『グレートビシバシチャンプ』

■チャリティグッズへの参加
ゲーム大会本編への「代打ち」の投入のほか、今大会のためにファンタジスタ側が作成したチャリティグッズにもにじよめちゃんが出演しています。今回制作・販売されるチャリティグッズはクリアファイル(税込み300円)1種で、同店のイメージキャラクター「ジスたん(Twitter:https://twitter.com/fanta_sistan)」の呼びかけによって全国各地から集った総勢68もの「萌えキャラクター」が集合した図柄となっております。

その他、エイシスが運営するダウンロードショップ「DLsite.com」の各種グッズを寄付者用特典として提供しており、にじよめちゃんは「ちょっと少ないけど、にじよめJAPANが優勝する予定の種目は賞品要らないだろうから、結果的には全種目に行き渡るんじゃない?」とのことです。


■関連リンク
・にじよめちゃん 硬(・)式Twitter
https://twitter.com/nijiyomechan

・にじよめ(全年齢)
http://www.nijiyome.com/

・ファンタジスタ(岡山県倉敷市新倉敷駅前5-194)
http://yaplog.amfantasista.com/

・ジスたん 公式Twitter
https://twitter.com/fanta_sistan
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】“どこかで見たような”汎用ゲームパッドが展示……スイッチにも対応

    【TGS2017】“どこかで見たような”汎用ゲームパッドが展示……スイッチにも対応

  2. 【週刊インサイド】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」の結果に関心集中!『FGO』気になるキャンペーンやスイッチ本体に隠れていた機能も要チェック

    【週刊インサイド】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」の結果に関心集中!『FGO』気になるキャンペーンやスイッチ本体に隠れていた機能も要チェック

  3. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part2

    【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part2

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【TGS2017】華やかなコンパニオンとコスプレイヤーがステージに次々と登場!コンゾンジャパンブースフォトレポート

  6. 【TGS2017】日本ゲーム大賞「フューチャー部門」発表!『Detroit』『PUBG』『モンハン:ワールド』など10作品

  7. 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ

  8. 【編集後記】TGSの終わり、祭の終わり

  9. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  10. 【特集】「主人公より存在感ある強烈ゲームキャラ」10選

アクセスランキングをもっと見る