人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダの伝説 BotW』は京都を参考にマップ制作が行われていた ─ 海外メディアの取材で詳しい情報が明らかに

任天堂 Wii U

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

海外メディア「The Verge」の取材記事にて、Wii U/Nintendo Switch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のマップ制作の際に、現代の京都を参考にしたエピソードが語られています。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、『ゼルダの伝説』シリーズ最新作となるゲームタイトルです。本作は広大なハイラル王国が舞台となっており、多数のオブジェクトやアイテムを探しつつ冒険を繰り広げていくといった内容になっています。

ディレクターを担当した藤林秀麿氏は、何もなかった状態からゲームのマップを作る際に、まずは目印となるものが必要だと考えました。そしてゲームマップに京都の地図を重ね、現実をイメージしつつ本作の世界を作り上げていくことになります。

ご存知のように、京都には寺院や神殿などさまざまな観光地が存在します。それぞれの距離感覚も実在のスケールで考えられるためスタッフとの意思疎通も楽になり、あるいは特定の地点から目的地に行くまでをどうゲーム的に解釈するかと考えられるようになったりと、広大な世界を作るうえで京都が大きな助けとなったそうです。

さまざまな祠、ボコブリンの集落、街があり驚くほど作り込まれている『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の世界ですが、実在する京都の観光地などがそのイメージになっていたとなると、京都を見る目がまた変わりそうです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は発売中です。

(C)2017 Nintendo
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 竹田玄洋の退任後について君島社長がコメント―「特別顧問という形で助言をいただきたい」

    竹田玄洋の退任後について君島社長がコメント―「特別顧問という形で助言をいただきたい」

  2. ガノンに操られているのは?『ゼルダの伝説』推理ボードゲームが海外発表

    ガノンに操られているのは?『ゼルダの伝説』推理ボードゲームが海外発表

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなるの? リンクの意外なアクションを映像付きで披露

    『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなるの? リンクの意外なアクションを映像付きで披露

  4. 【レポート】「『ARMS』スゴウデトーナメント」初日が激戦かつドラマチック! 中学生選手や前回優勝者が火花を散らす

  5. ニンテンドースイッチ『聖剣伝説コレクション』の特長を映像で紹介! 画面切り替えやクイックセーブを動画でチェック

  6. 「Newニンテンドー2DS LL」の「はぐれメタルエディション」が7月29日発売、『ドラクエXI』が同梱

  7. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」4月28日号―スイッチ版『マリオカート8 デラックス』発売!

  8. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  9. 『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

  10. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

アクセスランキングをもっと見る