人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】リアル脱出ゲーム×FFXIV「大迷宮バハムートからの脱出」には“リアルMMO”の楽しさがキラリ

その他 全般

【レポート】リアル脱出ゲーム×FFXIV「大迷宮バハムートからの脱出」には“リアルMMO”の楽しさがキラリ
  • 【レポート】リアル脱出ゲーム×FFXIV「大迷宮バハムートからの脱出」には“リアルMMO”の楽しさがキラリ
  • 【レポート】リアル脱出ゲーム×FFXIV「大迷宮バハムートからの脱出」には“リアルMMO”の楽しさがキラリ
  • 【レポート】リアル脱出ゲーム×FFXIV「大迷宮バハムートからの脱出」には“リアルMMO”の楽しさがキラリ
  • 【レポート】リアル脱出ゲーム×FFXIV「大迷宮バハムートからの脱出」には“リアルMMO”の楽しさがキラリ
  • 【レポート】リアル脱出ゲーム×FFXIV「大迷宮バハムートからの脱出」には“リアルMMO”の楽しさがキラリ

ゲームファンから大きな人気と関心を獲得し続けてきた『ファイナルファンタジー』シリーズ。歩みの長さはもちろんのこと、タイトルごとに様々な挑戦に挑み、美麗なグラフィック表現や大胆なゲームシステムなどを常に提案し続けています。

本シリーズは、ナンバリングタイトルでのオンラインゲームもリリースしており、魅力的な世界を様々な形で表現していることでも有名です。その意欲的な姿勢はゲーム内だけに留まらず、このたびシリーズ初となるリアル脱出ゲームとのコラボレーションを実現。MMORPG『FFXIV』をモチーフとした「リアル脱出ゲーム×FINAL FANTASY XIV『大迷宮バハムートからの脱出』」が全国5箇所で順次開催されます。

その幕開けとなる東京公演にて、このたび本イベントを体験。その模様をこちらで早速紹介させていただきます。もちろん、直接プレイする予定の方も多いと思うので、謎解きなどのネタバレはありません。安心して読み進めてください。

◆入り口から既に待ち受ける「バハムート」!



会場に到着すると、参加者たちを待ち受けているのは「龍神バハムート」。スーパーファミコン時代を彷彿させるサイドビュー形式の戦闘シーンに、バハムートが恐ろしげな姿をこれでもかと披露しています。

そんなバハムートの前には、こちらも懐かしいメッセージウィンドが。各ジョブのHPなども記載されており、ゲーム内のバトルを彷彿させる作りになっています。しかも、「戦いに勝った!」「脱出成功」といった個別メッセージも用意。無事脱出を果たした暁には、このメッセージを掲げて記念撮影といきたいものです。

なお、「全滅した……」といった失敗メッセージもありますが、これが必要になる結果を辿らないようにしたいもの。プレイ前から気合が入ります。またその隣には、アクリルキーホルダー カプセルバージョンが置かれており、Ver.2の先行販売も実施。景気づけにこちらをゲットしてから挑むのも、一興かもしれません。




◆リアル“FF6人パーティ”で謎に挑め! 濃密な60分を仲間と協力して乗り越えよう



【ストーリー】
かつて、数千年の眠りから目覚めた龍神バハムートは灼熱の業火でエオルゼア全土を焼き尽し、世界を滅亡の危機へと追い込んだ……。

その破滅から世界を救ったのは、大賢者ルイゾワと「光の戦士」たち。彼らの活躍によりバハムートは消え去り、エオルゼアは再生され、世界は平和を取り戻した。

それから5年……消滅したはずのバハムートは、巨大遺跡の地下深くで、復活を遂げようとしている。復活まで残された時間は「60分」。あなたは仲間とともに、バハムートの復活を阻止することができるだろうか?

――エオルゼア全土を巻き込む壮絶な戦いが、今、始まる。

そして会場に足を運ぶと、再現された『FFXIV』の世界が参加者を出迎えてくれます。また、会場の案内や謎解きに関わる人物たちは、様々な衣装と世界観になぞらえた会話で、参加者の没入度を更に高める一助に。自然と高まるプレイ意欲に促されつつ、いよいよ謎解きに挑むことに。

本イベントの参加者たちは、全員「光の戦士」となって謎解きに挑みます。ストーリーからも分かる通り、今回の目的はバハムートの復活を阻止すること。そのためには危険なダンジョンを突き進み、最深部を目指さなければなりません。

この冒険に挑むには、6人で実際にパーティを組む必要があります。6人パーティで、それぞれが「ジョブ」を選択。ナイト、黒魔道士、白魔道士、シーフ、吟遊詩人、狩人の6人が、それぞれの長所を駆使しつつ、共に謎を解きバハムート復活を阻みます。

といっても、「あらかじめ6人連れでないと参加できない」というわけではなく、1人や2人といった少人数でも本イベントに参加可能。6人に足りない場合は、他の参加者と一緒にパーティを組んで、6人編成でチャレンジする形となります。

筆者も、初顔合わせの方々を交えたパーティで挑戦。初対面なので緊張するかと思いきや、謎解きが始まるとそんな余裕はまるでなく、ヒントを求めてひたすら右往左往。謎に直面しては頭を悩ませ、それぞれのひらめきが飛び交って困難を打開する。その時目の前にいるのは、知らない相手ではなく、バハムートの復活を共に阻む仲間たちでしかありません。

その感覚は、あくまで個人的な感想ですが、MMORPGでいわゆる「野良」のパーティを組んだ時の手応えに似ているように思いました。知らない相手だけども、自分と同じ目的を持っているから、何を考えてるのか手に取るように分かる。だからこそ、どう協力すればいいのかも分かります。オンラインとリアルの違いはあるものの、そこにある連帯感は非常に近しいのかもしれません。

またパーティで謎に挑むといっても、常に一緒にいる必要はありません。謎を解くに当たって、分担して考えたり行動するのもひとつの選択肢。仲間だからこそ時には別行動をするというのも、パーティプレイならではの醍醐味と言えるかも。その際には、他の仲間に一言告げておくと、意思疎通が取れていいかもしれません。

そしてまた意思だけでなく、情報の共有も大事なポイント。手がかりだけでなく、閃いたことや気になった点を声に出していくと、誰かがその発想を更に広げてくれます。実際のプレイ中でも、誰かの言葉がヒントになって、別の人が答えを弾き出したこともしばしば。パーティプレイは会話が大事。ゲームでもリアルでも、その重要性は変わりません。

こうして、6人全員力を合わせていくつもの謎に挑みましたが……残念ながらクリアする前に60分が経ってしまい、我がパーティはあえなく全滅。あと一歩というところまで行けた実感はあっただけに、惜しい気持ちが溢れます。

◆驚くべき生還率! 歯応え満点の出来映えに、吉田直樹氏も撃沈


そして謎解きの時間は終わり、クリアできたパーティの結果発表などが行われます。今回、は34組のパーティが謎解きに挑みましたが、バハムートに挑めたのは3組。そして無事打ち勝ったのは、わずか1組のみ。生還率約3%という結果となりました。

ちなみに我がパーティの進行度も判明し、あと1歩どころかあと3、4歩が必要でした。惜しいどころの話じゃない! 目の前まで迫ったと思いこんでいたんですが、慢心もいいところでした。これから参加する皆さんは、どうぞ油断されませんように……!

ネタバレになる可能性もあるので、内容などに関しては明かせませんんが、事前に告知されていた通り、「カヌ・エ・センナ」(田中理恵さん)、「メルウィブ・ブルーフィスウィン」(田中敦子さん)、「ラウバーン・アルディン」(安元洋貴さん)が登場する映像も流れ、本イベントの盛り上がりに大きく貢献。また、今回は関係者向けの開催だったため、締めくくりの挨拶として、SCRAP・染川央氏と『FFXIV』プロデューサー兼ディレクター・吉田直樹氏がステージに登場。この2人のやりとりから、今回用意された映像は新規で作られたものだと判明します。

SCRAP側は当初、ゲーム内のものを編集する形で、本イベント用の映像を用意する予定だったとのこと。しかし、シナリオや仕掛けなどのSCRAP側の力の入れ方を見て、吉田氏が新規映像の用意を決断したとのこと。嬉しいサプライズとなりました。

このほかにも、本イベントの企画が決まった時点で、SCRAP側で『FFXIV』をプレイしているメンバーがいなかったため、急遽本体とソフトを購入したという裏話もぽろり。業務がが終わった後は「エオルゼア」での冒険に臨む日々が続いたそうです。その甲斐あってか、リアル脱出ゲームの公式サイトを覗くと、昨年12月の時点で「レベル50を達成!」との報告が。すっかりハマった方もいるようなので、今は更に成長していることでしょう。

開催前、実際に吉田氏も「大迷宮バハムートからの脱出」に挑戦。残念ながらクリアはならず、悔しい想いをしたと吐露。そして、「もう一度遊びたくなる」「脱出ゲームならではの楽しさだった」と、出来映えに太鼓判を押します。また、コラボレーションの点については、『FFXIV』というよりも「『FF』シリーズらしい脱出ゲームになった」とコメント。プレイした一参加者としても、その言葉に納得。『FFXIV』の世界を再現しながらも、全編に渡って『FF』らしさに溢れた脱出ゲームでした。

幕開けを飾った「大迷宮バハムートからの脱出」東京公演は、2月10日から12日までで一端終了。ですが、名古屋・大阪・札幌・福岡での開催も控えており、また東京でも3月に再び実施。これから挑んでみたいという方は、開催地や日程をしっかりチェックし、当日に備えておきましょう。謎を解く手がかりは、会場内にすべてあります。徹底的にチェックし、その情報を仲間と共有して挑みましょう!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■東京公演
・Zepp DiverCity
3/17(金) ~ 3/19(日)

・Zepp Tokyo
3/3(金) ~ 3/5(日)

■名古屋公演
・Zepp Nagoya
2/17(金) ~ 2/19(日)
3/10(金) ~ 3/12(日)

■大阪公演
・Zepp Namba
2/23(木) ~ 2/26(日)
3/24(金) ~ 3/26(日)

■札幌公演
・サッポロファクトリーホール
4/28(金) ~ 4/30(日)

■福岡公演
・西鉄ホール
5/11(木) ~ 5/14(日)

(C)2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 夏アニメ期待値の高い作品は? 3位「銀魂」2位「はたらく細胞」1位は…

    夏アニメ期待値の高い作品は? 3位「銀魂」2位「はたらく細胞」1位は…

  2. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

    「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  3. 「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 「ゾイドワイルド」ついに発売!リアルムービングキットの第1弾をさっそく「復元」してみた【特集】

  6. 『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』本日2月10日で30周年! その歩みや魅力的な特徴を振り返る

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【週刊インサイド】『バンドリ!』×『ペルソナ』シリーズコラボに関心集まる! 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』の小ネタにも注目

アクセスランキングをもっと見る