人生にゲームをプラスするメディア

破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

その他 全般

破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目
  • 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズは、所属アーティスト“amazarashi”のニューシングル「命にふさわしい」のミュージックビデオ(MV)を公開しました。

この「命にふさわしい」は、2月23日に発売されるPS4ソフト『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』との共創プロジェクト、「NieR:Automata meets amazarashi」(http://www.amazarashi.com/inochinifusawashi/)の一環として秋田ひろむ氏が書き下ろした楽曲です。


ゲームフリークでもある秋田ひろむ氏が、ファンであったゲームタイトル『NieR Replicant』(NieR:Automataの過去作)のディレクター・ヨコオタロウ氏を自らのライブに招待したことがきっかけとなり、この共創プロジェクトがスタート。そして、新作『NieR:Automata』の世界観を表現した本楽曲が生まれました。

今回お披露目されたMVは、『NieR:Automata』でもディレクターを担当したヨコオ氏の原案を元に制作された映像作品。秋田ひろむ氏は、“NieR”と自分たちに共通するテーマとして、「命を投げ出すに値するほど、大切なものは何か」というテーマを掲げて楽曲を制作しており、そのテーマはこのMVでも一貫して描かれています。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=HEf7p_7MjkM

■ミュージックビデオストーリー
MVは「NieR:Automata」の世界が舞台。原案は、ヨコオタロウ氏。西暦11944年の遠い未来。機械生命体に支配され人類がいなくなった地球。巨大な廃墟のような工場で、一体の機械生命体が、旧時代の人類が残した人形を、無限に破壊し続けている。その目的はなんなのか。ヨコオタロウ氏書き下ろしの絵本「命にふさわしい」とリンクした衝撃の物語。

■ミュージックビデオメイキングエピソード
・使われた人形は全てで200体。
・用いられた手段は「穿通」「噛砕」「燃焼」「圧壊」「切断」「爆破」など。
・使われる人形は、人形創作集団ピグマリオンを主宰する人形作家吉田良さんによって監修され、すべて
に化粧などが施されることで、世界観にマッチしている。
・映像の最期には、「NieR:Automata」の主人公2Bの人形も登場。
・撮影に利用した人形は「本寿院」にて人形供養に伏された。



(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 夏アニメ期待値の高い作品は? 3位「銀魂」2位「はたらく細胞」1位は…

    夏アニメ期待値の高い作品は? 3位「銀魂」2位「はたらく細胞」1位は…

  2. 「Fate/EXTRA Last Encore」のイメージパーカーが発売決定!セイバー、ライダー、アーチャーの全3種類

    「Fate/EXTRA Last Encore」のイメージパーカーが発売決定!セイバー、ライダー、アーチャーの全3種類

  3. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  4. 「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

  5. 『龍が如く』初のリアル体験型ゲームイベント「100億の少女誘拐事件」の詳細情報が公開!スタートは7月19日

  6. 「ゾイドワイルド」ついに発売!リアルムービングキットの第1弾をさっそく「復元」してみた【特集】

  7. 【週刊インサイド】『バンドリ!』×『ペルソナ』シリーズコラボに関心集まる! 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』の小ネタにも注目

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る