人生にゲームをプラスするメディア

ソニー、2016年度第3四半期連結業績を発表―PS4/PS VR好調も映画部門で減損

ソニーは、公式サイトにて2016年度第3四半期決算を国内向けに発表しました。

ソニー その他
ソニー、2016年度第3四半期連結業績を発表―PS4/PS VR好調も映画部門で減損
  • ソニー、2016年度第3四半期連結業績を発表―PS4/PS VR好調も映画部門で減損
ソニーは、公式サイトにて2016年度第3四半期決算を国内向けに発表しました。

発表によると、ソニー全体の売上高及び営業収入は、主に為替の影響もあって前年同期比7.1%減少し、2兆3,975億円。前年同期の為替レートを適用した場合、モバイル・コミュニケーション分野の大幅な減収などがありましたが、ゲーム&ネットワークサービス分野及び半導体分野の大幅な増収により、売上高はほぼ横ばいとのこと。営業利益は、主に、映画分野において営業権の減損962百万米ドル(1,121億円)を計上したことにより、前年同期比1,098億円減少し、924億円になりました。

しかし、ビデオゲームに関連するゲーム&ネットワークサービス分野のみを抜粋すると、売上高は、前年同期比5.2%増加し、6,177億円に(前年同期の為替レートを適用した場合、15%の増収)。当四半期において、為替の影響及びPS4価格改定の影響などがあったものの、主にネットワークを通じた販売を含むPS4タイトルの増収、2016年10月に発売したPS VRの貢献により、分野全体で増収となりました。営業利益は、前年同期比99億円増加した500億円で、PS4価格改定/ハードウェアコスト削減、及び前述のPS4のソフトウェアの増収の影響などにより、分野全体で増益、と伝えられています。

ゲームが好調な一方、2016年度通期の連結業績予想は、映画部門の損失が響き下方修正。連結純利益が前期比82%減の260億円になる見通しだと発表しました(2016年11月時点の予想は59%減の600億円)。ゲーム以外の連結業績全文はこちら(pdfファイル)より参照ください。
《アキナツ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

    『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

  2. 『ドラゴンボール ファイターズ デラックスエディション』2019年1月31日発売決定!8つのDLCがセットに

    『ドラゴンボール ファイターズ デラックスエディション』2019年1月31日発売決定!8つのDLCがセットに

  3. ノベルゲームの傑作『428 ~封鎖された渋谷で~』のような物語は、地元「鶴ヶ島」で生まれ得るのか?

    ノベルゲームの傑作『428 ~封鎖された渋谷で~』のような物語は、地元「鶴ヶ島」で生まれ得るのか?

  4. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  5. 『キングダム ハーツIII』カフェ2月2日より開催決定!キャンペーンメニューの提供や限定グッズの販売を予定

  6. PS4向け最新作『デート・ア・ライブ 蓮ディストピア』2019年夏発売決定!見知らぬ“筺”から始まる物語とは?

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  9. 『JUMP FORCE』「ONE PIECE」「ドラゴンボール」など人気キャラがニューヨークで激闘を繰り広げる大迫力のTV CMを公開!

  10. 『エースコンバット7』公認、PS4/PC対応フライトスティック「T-Flight Hotas 4」国内発売決定!

アクセスランキングをもっと見る