人生にゲームをプラスするメディア

奥浩哉「いぬやしき」2017年10月TVアニメ化、実写映画化も決定

その他 アニメ

(C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
  • (C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
  • (C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
  • (C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
  • (C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
  • (C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
  • (C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
奥浩哉のマンガ『いぬやしき』のテレビアニメ化が決定した。テレビアニメは2017年10月にフジテレビのノイタミナ枠で放送予定だ。アニメではメインスタッフやPVも公開、さらに本作の実写映画化についても明らかになっている。

『いぬやしき』はCG映画化もされた『GANTZ』の原作者である奥浩哉が、2014年より講談社の「イブニング」で連載している作品だ。老年を迎えるサラリーマン犬屋敷壱郎と高校生の獅子神 皓の2人を主人公とした物語で、善と悪の両軸から「もしある日突然、巨大な力を手に入れたら――?」というテーマを描いている。

テレビアニメ化は2016年12月15日に開催された「ノイタミナプロジェクト発表会2017」で発表された。アニメは2017年10月より放送され、総監督を『TIGER & BUNNY』、『神撃のバハムート GENESIS』、そして『GANTZ:O』の総監督であるさとうけいいちが務める。監督には『甲鉄城のカバネリ』、『進撃の巨人』で3D監督を務めた籔田修平が並び、アニメーション制作はMAPPAが行う。
公式サイトも立ち上がり、サイトには迫力あるPVも公開。アニメ『いぬやしき』の世界観を一部垣間見ることができる。
原作者の奥浩哉はアニメ化について「アニメ「いぬやしき」は凄く優秀なスタッフさんに恵まれているので僕自身ワクワクしています!来年一番の関心事です!」と期待のコメントを寄せている。

発表会ではさらに「いぬやしきプロジェクト」として実写映画化することが明らかになった。アニメ化に続き実写化と大きなニュースが続く。どのような映像に仕上がるのか、引き続き情報を待ちたい。



(C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

奥浩哉「いぬやしき」2017年10月テレビアニメ化 実写映画化も決定

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

    「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

  2. ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

    ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

  3. AnimeJapan2018厳選コスプレ写真を一挙公開!「Fate」から「CCさくら」までヒロイン勢揃い

    AnimeJapan2018厳選コスプレ写真を一挙公開!「Fate」から「CCさくら」までヒロイン勢揃い

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 「レディ・プレイヤー1」は映画というポップカルチャーを体現した作品だった―CGの向こう側に見えるオタクたちの「オアシス」【レビュー】

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  8. ファンの愛に溢れたハイクオリティすぎる『オーバーウォッチ』コスプレ集!

アクセスランキングをもっと見る