人生にゲームをプラスするメディア

『妖怪ウォッチ ぷにぷに』制作秘話が完全に“極道モノ”…「日野組長」と制作陣の仁義なき戦いを描いた驚きの理由とは?

アニメや3DSソフトなどが高い人気を博し、国民的なコンテンツへと成長した「妖怪ウォッチ」シリーズの新たな展開となったiOS/Androidアプリ『妖怪ウォッチ ぷにぷに』。簡単な操作ながらも達成感のあるゲーム性はもちろんのこと、その可愛らしい見た目も魅力的な一作です。

その他 漫画
『妖怪ウォッチ ぷにぷに』制作秘話が完全に“極道モノ”…「日野組長」と制作陣の仁義なき戦いを描いた驚きの理由とは?
  • 『妖怪ウォッチ ぷにぷに』制作秘話が完全に“極道モノ”…「日野組長」と制作陣の仁義なき戦いを描いた驚きの理由とは?

アニメや3DSソフトなどが高い人気を博し、国民的なコンテンツへと成長した「妖怪ウォッチ」シリーズの新たな展開となったiOS/Androidアプリ『妖怪ウォッチ ぷにぷに』。簡単な操作ながらも達成感のあるゲーム性はもちろんのこと、その可愛らしい見た目も魅力的な一作です。

すでにダウンロード数は900万を超えており、本作もシリーズタイトルに負けず厚い支持を集めていますが、そんな『妖怪ウォッチ ぷにぷに』の制作秘話を描いた漫画が公開されました。しかしこの漫画「仁義の虎」は、タイトルのみならず作中の雰囲気も完全に極道モノのテイスト。ごく標準的な制作秘話を明かす漫画とはかけ離れています。

制作事務所は「レベルファイブ組」。納期に間に合わない責任を取ろうと自らの指に「ドス」を突き立てる組員。無茶な仕様変更に直訴する制作チームリーダーに拳銃を突きつける「日野組長」。そもそも作中の日野晃博氏は、人相・体格・髪型などが徹底的に異なっています。

「ぷにぷに感」への追求を求める(作中の)日野組長と、その言動に振り回される組員たち。その末に辿り着いた答えが『妖怪ウォッチ ぷにぷに』の完成へと繋がりましたが、この漫画が公開されているページでは、日野晃博氏が直々に「全然違います」とはっきりコメント。

なぜこんな漫画になってしまったのか。その理由も合わせて発表されており、この制作秘話はすべて想像で描かれていた模様です。しかも想像で描いた経緯については「日野社長に取材をするのがめんどくさかったからです」とも明かしています。

前代未聞とも言えそうな、『妖怪ウォッチ ぷにぷに』制作秘話漫画「仁義の虎」。本作の公式広報ページに掲載されているので、気になる方は直接読んでみるのも一興でしょう。

■『妖怪ウォッチ ぷにぷに』制作秘話漫画「仁義の虎」
URL:http://cp.yokai-punipuni.jp/story/

(C) LEVEL-5 Inc. (C) NHN PlayArt Corp.
Produced by バーグハンバーグバーグ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

    「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

  2. 「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

    「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

  3. 「FGO」ランサー/エリザベート・バートリーがキュートフィギュアに♪

    「FGO」ランサー/エリザベート・バートリーがキュートフィギュアに♪

  4. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  5. 『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

  6. マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

  7. 劇場版「Fate/stay night [HF]」×「ピザハット」キャンペーン1月21日から開催!直筆サイン入りのプレミアムグッズを手にいれよう

  8. 中国からコスプレイヤーの魔王がやって来た!フォロワー数300万以上の存在感を放つ【インタビュー】

  9. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  10. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/07更新)

アクセスランキングをもっと見る