人生にゲームをプラスするメディア

【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ

モバイル・スマートフォン iPhone

【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
  • 【読プレあり】巨大化した美少女と共に世界を守れ!『ラグスト』メディア先行体験会レポ
DMM GAMES×アニプレックスモバイル×ディンゴによる、iOS/Android/PC向け国民的巨大美少女バトルアクション『ラグナストライクエンジェルズ』。38メートルに巨大化したヒロインが戦う3Dリアルタイムバトルゲームである本作は、簡単操作で楽しめるバトルと深崎暮人氏が手掛ける可愛らしいヒロインのグラフィックが魅力となっています。今回は、近日リリース予定となっている本作のメディア向けに行われた先行体験会のレポートをお届けします。


まず、本作の総合プロデューサーであるアニプレックスモバイルの杉浦淳氏が登壇。杉浦氏は、「『ラグナストライクエンジェルズ』は、爽快感と戦略性のある3Dバトルパートと、深崎暮人先生原案の巨大化する可愛らしい3Dヒロインが魅力です。彼女たちは可愛らしさだけでなく、性格やストーリーまで作り込んでいます」と伝えました。また、初期リリースの開発は終了しているとのことです。


続いて、原作・開発プロデューサーのディンゴ代表取締役である庄司竜也氏が登壇し、実機プレイを交えて『ラグナストライクエンジェルズ』を紹介しました。本作の魅力的なヒロインはPCでも高精細なグラフィックとなるよう、ポリゴンモデルをかなり作り込んでいるとのこと。カードを駆使して戦う3Dバトルは、手を動かしてカードをきる気持ちよさやポーカーのようにカードをそろえる要素もあり、手に汗握る緊張感のあるバトルが楽しめるそうです。



ヒロインたちとは、コミュニケーションを通じて絆を深められます。絆はポイント化され武器などを購入できるため、ヒロインたちと仲良くなればなるほど強くなるという仕組みになっています。装備品は多種多様な武器やバトルスーツが制作できるので、自分だけの装備でバトルに挑戦できるとのことです。さらに、ヒロインを助けるカードのキャラクター「エクティス」は実力派イラストレーターの描き下ろしとなっています。


バトルはリアルタイム進行で、エクティスを選択しているときも時間が流れます。プレイヤーは、エクティスをフリックして通常攻撃、タップ+フリックでエクティスのスキルを発動。通常攻撃は三連攻撃となっており、攻撃の途中で次のエクティスの攻撃を発動もできます。


同じ属性で同じレアリティのエクティスを3枚使用すると「バーストアタック」、4枚使用すると「4thストライク」という強力なスキルが発動します。また、同じ属性で同じレアリティの1ペアをそろえると「SP回復」、2ペアをそろえると「HP回復」が可能です。場に表示されるエクティスは、手持ちの13枚のデッキからランダムで6枚となるため、スキルを発動するために不要なエクティスをどんどん消費するといった戦略も、ときに必要です。ただし、スキルを発動するとSPを消費し、SPがなくなると回復を待たないとスキルは使えなくなります。

カードは攻撃で消費すると入れ替わるので、どのタイミングでカードを使用し、どの敵に対してどのエクティスを組み合わせたスキル攻撃を仕掛けるのか、HPやSPの残量との駆け引きも含めて戦略的な戦い方が求められます。カードゲームのスピードのような瞬間的な判断と、ポーカーのように役をそろえる緊張感が味わえるバトルとなっていました。


本作の3Dグラフィックはとても高精細で、バトルでは武器ごとに攻撃方法が異なり技のモーションも変わるので見応えがあります。メニュー画面では、巨大なヒロインが大きな足音を立てながら歩き回るというコミカルな光景も見られました。ヒロインルームでの会話は、コロコロと変わる表情がとても自然で、本当にそこに彼女がいる感覚が味わえました。続いて、杉浦氏と庄司氏にインタビューを行いました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

──近日リリース予定とのことで、心境はいかがですか?

杉浦氏:いよいよお届けできるという気持ちと、楽しみにされているお客さまにはお待たせして申し訳ありませんでしたという気持ちですね。

庄司氏:ソーシャルゲームはリリースしてスタートラインなので、運営をがんばろうと思っています。

──2016年4月から放送されていたアニメの反響はいかがでしたか?

杉浦氏:30秒アニメーションというトリッキーな手法でしたが、ストーリーやキャラデザもしっかり作っていたのでとても評判がよかったですね。

──38メートルの巨大美少女をテーマにしたのはなぜですか?

庄司氏:自分の彼女と生活する、敵と戦うということは決まっていました。ただ、魔法少女ものなどにすると、変身してすごい攻撃をするため彼女という感じが薄れてしまう。そこで、正義の味方でも自分の彼女という感覚を持ったままでいられるのかと考えた結果、強さも性格も変わらず大きくなるだけといういまの設定になりました。6人の女の子たちが、悩みながらも世界を救おうとがんばっていて、それを自分も助けていくと深い物語になっています。


──ストーリーボリュームはかなりあるのでしょうか?

庄司氏:リリース時点でもかなり収録されていますし、今後も追加配信予定です。デートイベントも普通にデートをするだけではなく、彼女たちの想いを共有して一緒に暮らしていくというような内容になっているので必見です。

──キャラクターの衣装にはバリエーションがありますか?

庄司氏:あります。本当にさまざまな種類があり、なかには水着や着物など登場しますが、すべて38メートルサイズなので布代がとてもかかっていますね(笑)。

──PCとスマートフォンで配信されますが、リリース日にちがいはありますか?

杉浦氏:どちらも同日にリリース予定です。

──両プラットフォームで配信するにあたり、開発していて苦労はありましたか?

庄司氏:キレイな女の子にするために、ポリゴンのゆがみや角張りなどがないように調整するのは苦労しました。僕が女の子の丸みなどを気にするタイプなので、極限まで自分の彼女と思っていただけるように可愛くしています。

杉浦氏:傍から見ていると、いつまで経っても満足しないなと感じるぐらいのこだわりようでした(笑)。


──最後に、本作を楽しみにされている読者の方へメッセージをお願いします。

杉浦氏:お待たせした分、しっかりと遊んで楽しいものになっていますので、よろしくお願いいたします。

庄司氏:最高の彼女がそこにいると感じられるので、がんばって強くしていただければうれしいです。

──ありがとうございました。

◆佐倉綾音さん&内田真礼さんの直筆サイン色紙をプレゼント!



那波ナギサ(左)、華ノ宮伊月(右)


『ラグナストライクエンジェルズ』にて那波ナギサを演じる佐倉綾音さんと、華ノ宮伊月を演じる内田真礼さんの直筆サイン色紙をそれぞれ抽選で1名様ずつにプレゼント!プレゼントをご希望の方は、インサイド公式ツイッター(@INSIDEjp)をフォローし、下記注意事項と株式会社イードの「個人情報保護方針」に同意の上、応募フォームより必要事項を必ず記載してご応募ください。

【必要事項】
・ツイッターのアカウント名
・メールアドレス
・希望する声優名(佐倉綾音or内田真礼)

【応募期間】
12月7日(水)~12月17日(土)10:00

【注意事項】
※応募はお一人様一回までになります。
※当選された方には、後日メールにてご連絡を差し上げます。


※画面は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合があります。
(C)DINGO Inc.・Aniplex Mobile/DMM GAMES/38M GIRLS 製作委員会
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

    『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  2. Google Playストアにて障害が発生中―アプリ各社が一時的に購入を控えるよう呼びかけ

    Google Playストアにて障害が発生中―アプリ各社が一時的に購入を控えるよう呼びかけ

  3. 『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

    『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

  4. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

  5. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

  6. 『FGO』第2部第2章「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」を考察【特集】

  7. 『ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ』2018年配信決定!公式サイトでは主題歌の試聴も

  8. 『バンドリ!』7月20日追加予定のカバー楽曲「キミの記憶」の一部プレイ動画を先行公開!

  9. 黄金の田んぼジムを拝むために通い続けた、30日間のノンフィクションドラマ【ポケモンGO 秋田局】

  10. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

アクセスランキングをもっと見る