人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

「沈黙は金、雄弁は銀」とは古くはヨーロッパで生まれた言葉、価値観です。喋らない主人公を採用した十の名作、十の主人公を皆様にご紹介致します。

その他 全般
【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
「沈黙は金、雄弁は銀」とは古くはヨーロッパで生まれた言葉、価値観です。その意味合いは「雄弁である事は重んじても沈黙すべき時にきちんと黙ることはもっと大切である」という意味。ビデオゲームにおいても、沈黙をつらぬくキャラクターが存在するのです。そこで、ゲーム中でセリフのない主人公を採用した名作を、編集部が10本ピックアップ。古今東西ジャンルを問わず幅広いゲームタイトルから選出し、ご紹介していきます。

…………<読むことを無言で促している仕草>

◆ネス 『MOTHER2 ギーグの逆襲』
開発元:APE/HAL研究所 開発年:1994年 機種:スーパーファミコン

――アースバウンド!
主人公でありプレイヤーキャラクターである「ネス」はいまや「大乱闘スマッシュブラザーズ」に出演しそちらでは喋るものの、本作では一切台詞がありません。主人公の名前も変えられる事から本名プレイをしていた人もいらっしゃるでしょう。赤い帽子にリュックとバットがトレードマーク。本作は海外での人気も高く「Bound Together ReBound」という音楽のファンリミックスが無料公開されていたりします。

◆ジャケット 『Hotline Miami』
開発元:Dennaton Games 開発年:2012年 機種:PC/PlayStation 3/PlayStation Vita

――他人を傷つけるのは好きかい?
見下ろし方アクションでありカルト的人気を誇る本作ですが、主人公である通称「ジャケット」には一切の台詞がありません。果たして彼は何者なのか?プレイヤー自身なのか?それとも物語に関与する人格を持った存在なのか?本作はメタフィクションな観点からも深みを感じさせる物語を楽しめる名作です。

◆コルヴォ 『Dishonored』
開発元:Arkane Studios 開発年:2012年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360

――復讐に刃を捧げよ!
国家の陰謀に巻き込まれ孤独な復讐者になる「コルヴォ」は周囲に利用されながらも、或いは利用しながらも汚された名誉の為に戦います。続編の発売も間近に迫っていますが本作は魔法やガジェットの要素により「ステルスゲームはスローペース」という偏見を打ち砕くがごとくテンポの速いプレイが楽しめるステルスアクションの傑作となっております。また、物語も分岐があり複周回プレイも楽しめます。

次のページ:美麗アクションにRPGにローグライクと歴史的名作!

《SHINJI-coo-K(池田伸次)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

    ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  3. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  4. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  5. 会場で存在感放つ万紫千紅の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ後編81枚【TGS2018】

  6. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  7. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  8. ガチゲーマー本田翼さんがゲーム実況をメインとしたYouTubeチャンネルを開設!9月22日21:00から

  9. ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

アクセスランキングをもっと見る