人生にゲームをプラスするメディア

「なぜ『Live2D』を選んだのか」…『FaceRig Live2D』などのクリエイターが明かすインタビュー連載がスタート

Live2Dの公式サイトにて、Live2Dユーザーに焦点を当てたインタビュー「私たちがアイデアをLive2Dする理由」の連載が、このたびスタートしました。

その他 全般
「なぜ『Live2D』を選んだのか」…『FaceRig Live2D』などのクリエイターが明かすインタビュー連載がスタート
  • 「なぜ『Live2D』を選んだのか」…『FaceRig Live2D』などのクリエイターが明かすインタビュー連載がスタート
  • 「なぜ『Live2D』を選んだのか」…『FaceRig Live2D』などのクリエイターが明かすインタビュー連載がスタート

Live2Dの公式サイトにて、Live2Dユーザーに焦点を当てたインタビュー「私たちがアイデアをLive2Dする理由」の連載が、このたびスタートしました。

多くの動画を必要とする従来のアニメーション的な手法とは異なり、1枚のイラストをそのまま動かすことができる「Live2D」。3Dモデルの作成や大量の絵は必要なく、原画をパーツごとに分けた画像データを用いることで、個人でも気軽にキャラクターなどを動かすことができます。

ユニークな特徴を持つLive2Dは様々な制作現場で支持されており、映像やゲーム、アプリなど幅広いジャンルで活躍。その影響は海を越え、世界規模での拡がりを見せています。そんな、世界中でLive2Dを扱うクリエイターたちの生の声を届ける連載「私たちがアイデアをLive2Dする理由」が始まりました。

このインタビューは、毎月5日と20日に発行。数多くあるLive2D活用事例の中からLive2Dスタッフが厳選し、クリエイターへのインタビューを通じて、彼らのこだわりや情熱、開発秘話などが語られる連載となります。


まずは創刊スペシャルとして、2本のインタビューを同時掲載。『FaceRig Live2D Module』を手がけたルーマニアのインディーチーム「Holotech Studio SRL」と、『Herald: An Interactive Period Drama』を制作したオランダのインディーゲームスタジオ「Wispfire」が、Live2Dとどのように関わったのかを明かしています。Live2Dの最前線を、こちらで垣間見てみるのも一興かもしれません。

■クリエイターインタビュー連載「私たちがアイデアをLive2Dする理由」
URL:http://www.live2d.com/ja/interviews

copyright (C) 2016 Live2D Inc. all rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  2. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  6. 【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在

  7. カプコン「TGS2018」最新情報─試遊で貰えるノベルティや『モンハン:ワールド』ドリームマッチの概要を一挙公開

  8. 【特集】「Live2D」のライバルは静止画!“入れる2次元”を目指す表現の未来とは

アクセスランキングをもっと見る