人生にゲームをプラスするメディア

「デスノート Light up the NEW world」 3つの正義がぶつかり合う本予告公開

その他 映画

10月29日に公開される『デスノート Light up the NEW world』。様々な情報が公開され、徐々にその全容が明らかになってきた本作だが、いよいよその本予告が公開された。「もっと面白いもん見せてもらおうじゃねえか」という死神リュークの言葉のもと、怒涛の映像が展開される。

2003年、原作・大場つぐみ、作画・小畑健により「週刊少年ジャンプ」で読み切りが掲載され、同年12月から2006年5月まで連載された伝説的コミック『デスノート』が原作。
2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』、2008年に公開されたスピンオフ作『L change the WorLd』を合わせたシリーズ三作の日本国内興行収入は112億円に達し、その他にもアニメ、小説、舞台と世界中でメディアミックスが行われ、いよいよハリウッドでの映画化も決定した。

『デスノート』本家である日本の最新作も負けていない。本予告ではデスノート対策本部捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)、キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)らが繰り広げる三つ巴の戦いを予感させるシーンが展開。安室奈美恵による主題歌「Dear Diary」がより一層、本作のドラマ性を盛り上げる。
様々なショッキングかつ、サスペンスフルな展開の映像が流れる中、紫苑が弥海砂に「夜神月は生きている」という言葉の真実とは。そして海砂は再びデスノートを手に取り、リュークが現れるが、彼女は再びノートを使ってしまうのか。“デスノートを封印するため”、“Lを超えるため”、“キラ復活のため”、三者の正義が織りなす正義が行く着く結末が気になるところだ。



9月16日より3週連続配信となるHuluオリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』の主題歌に、安室奈美恵による本作の劇中歌「Fighter」の起用が決定。本編の前にこちらも必見となっている。

『デスノート Light up the NEW world』
10月29日公開

(C) 大場つぐみ・小畑健/集英社
(C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

    「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

  2. 【昨日のまとめ】「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る美少女レイヤーインタビュー、『スプラトゥーン2』この1年を振り返り、サバイバルSRPG『デジモンサヴァイブ』発表…など(7/21)

    【昨日のまとめ】「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る美少女レイヤーインタビュー、『スプラトゥーン2』この1年を振り返り、サバイバルSRPG『デジモンサヴァイブ』発表…など(7/21)

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. 【昨日のまとめ】全176Pの「3DSオールソフトカタログ」付きプリペイドカードを購入レポ、『ロックマン11』炎の拳法家「トーチマン」、『ゼルダの伝説』仕様のNew 2DS LL…など(7/20)

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 自分だけのジュラシック・ワールドを作れる『Jurassic World Evolution』海外発売!

アクセスランキングをもっと見る