人生にゲームをプラスするメディア

「こち亀」40周年、200巻で有終の美 連載終了の発表

「週刊少年ジャンプ」で40年連載されてきた国民的マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、2016年9月17日発売「週刊少年ジャンプ」42号で最終回を迎えることが発表された。

その他 漫画
「週刊少年ジャンプ」で40年連載され、最早「顔」を通り越して「象徴」と呼んでも過言ではない『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。記録を伸ばし続けてきたその連載にいよいよ幕が降ろされる日が来た。2016年9月17日発売「週刊少年ジャンプ」42号が最終回であることが発表された。

『こち亀』は「週刊少年ジャンプ」で1976年9月から連載スタートし、アニメ、ドラマ、舞台、小説と様々なメディアで展開された。はちゃめちゃだが、義理人情に厚い両さんこと両津勘吉はいまや国民的なキャラクターとして老若男女、さまざまな世代から愛されている。
原作者の秋本治先生が、神田 明神遷座400周年と『こち亀』40周年を記念して、今回、全17枚のイラストを描きおろし、全長8 メートルを越える絵巻を製作。作中にも度々登場し縁ある神田明神に「神宝」として永年奉納しためでたい場所での発表だっただけに、日本中に衝撃が走るニュースとなった。

秋本は「びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、 本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。 やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は色んな新しいのを入れながら 動くってのが少年誌の王道なので。そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。 ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に作家としては 本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。 両さんはお祭りが大好きなんですね。で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、 ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり 両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいと いうのもありましたけど、やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらって スッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。 これ本当に作家冥利に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、 『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、 機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます」とコメント。両さんは今回で完全にいなくなるわけではなく、またどこかで会えるチャンスはあるようなニュアンスのコメントを寄せている。

最終回が掲載される42号ではまだ何かしらの情報が公開されるらしい本作。歴史に幕を降ろす最終回ともども、見逃せない号となっている。

(C ) 秋本 治・アトリエびーだま/集英社
《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. AC『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』2019年夏稼働! 最大20人のスタンド・バトルロイヤルを展開

    AC『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』2019年夏稼働! 最大20人のスタンド・バトルロイヤルを展開

  2. ドワンゴやKADOKAWAを含む5社が共同でVTuber事業会社「株式会社リド」を設立─プロデュースとアニメを主軸に展開

    ドワンゴやKADOKAWAを含む5社が共同でVTuber事業会社「株式会社リド」を設立─プロデュースとアニメを主軸に展開

  3. 企業80社が参加した「ポケモンカードゲーム企業対抗戦」レポート!初心者から上級者まで楽しめる一日限りのバトルロイヤルが開催

    企業80社が参加した「ポケモンカードゲーム企業対抗戦」レポート!初心者から上級者まで楽しめる一日限りのバトルロイヤルが開催

  4. インサイド読者限定の「ペイパル」還元キャンペーン! 新規開設で300円ゲット、利用中のユーザーにもボーナスあり

  5. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  6. 聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

  7. 「CygamesFes2018」はコスプレが熱い!『グラブル』公式レイヤーから『ドラガリ』中国人気レイヤーまで【写真132枚】

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る