人生にゲームをプラスするメディア

島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい

7月29日に全国公開を迎えた映画「シン・ゴジラ」。「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られている庵野秀明氏が脚本および総監督を務めており、これまでにない「ゴジラ」作品になるのではと高い注目を集めています。

その他 映画
島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい
  • 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい
  • 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい

7月29日に全国公開を迎えた映画「シン・ゴジラ」。「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られている庵野秀明氏が脚本および総監督を務めており、これまでにない「ゴジラ」作品になるのではと高い注目を集めています。

待望の上映が本日より幕明けとなり、この新たな衝撃をいち早く目にした方も少なくありません。視聴した方の感想がTwitterなどに寄せられており、すでに大きな話題となりつつありますが、同じく本作に関心を示した方の中に、漫画家・島本和彦氏の名前もありました。

島本氏と庵野氏は、同じ大学の同期。島本氏の大学時代を題材として描く、自伝的な作品である「アオイホノオ」では庵野氏が実名で登場しており、島本氏をモチーフとしたと思われる主人公・焔 燃からライバル視される役回りになっています。

この構図は、2014年に放送されたTVドラマ版「アオイホノオ」にも受け継がれており、飛び抜けた才能を発揮する庵野氏に様々な局面で対抗する焔の姿が描かれました。島本氏は漫画、庵野氏は映像と歩む道は違えども、「創作」「表現」という点で、島本氏にとって庵野氏は大きな存在であり、ライバルのような一面を持っていたことを伺わせます。

クリエイターとして数多くの代表作を生み出し、今現在も最前線で活躍している2人ですが、このたび島本氏が自身のTwitterアカウントにて、「オレの負けだ……」と庵野氏に対するコメントを記しました。



島本氏のツイートには「#シンゴジラ」のタグも併記されており、おそらく映画「シン・ゴジラ」を見た感想を「オレの負けだ……」という言葉で表現したものと思われます。

また「このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい……」や、「いや、あのシン・ゴジラの素晴らしさがわかると言う事は俺もまだまだイケてると言う証拠!!」と、映画の素晴らしさと共に自身の奮起に繋げている様子も伺うことができます。次は島本氏が、庵野氏に対して反撃を行う番かもしれません。

(C)2016 TOHO CO.,LTD.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. Game.TVでVTuberとバトロワ!インサイドちゃん主催の視聴者参加型『PUBG Mobile』大会が10月27日に開催

    Game.TVでVTuberとバトロワ!インサイドちゃん主催の視聴者参加型『PUBG Mobile』大会が10月27日に開催

  2. ニンテンドースイッチ Lite、Amazonでの在庫が復活!

    ニンテンドースイッチ Lite、Amazonでの在庫が復活!

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  5. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

  6. 「ゆるキャン△」続編決定! 第2期&ショートアニメ&劇場版が一挙発表

  7. AC『ドラゴンボールヒーローズ』「秋より新筐体に…アニメ新章「“未来”トランクス編」の敵はブラック悟空

アクセスランキングをもっと見る