人生にゲームをプラスするメディア

「時をかける少女」10周年記念 LINEスタンプ配信開始

その他 アニメ

2006年に公開され、今年で10周年のアニバーサリーを迎える細田守監督作品『時をかける少女』。様々なイベントが行われる中、いよいよ本作のキャラクターたちがLINEスタンプとして配信が決定した。
細田作品がLINEスタンプとなるのは『サマーウォーズ』、『バケモノの子』に続いて3作目となる。細田作品の原点ともいえる本作のLINEスタンプの配信はファンにとっては嬉しいところだ。

『時をかける少女』は筒井康隆原作の人気ジュブナイル小説で、今まで幾度となく映像化されてきた名作だ。細田が手掛けたアニメーション映画版では原作の出来事から約20年後を舞台に次世代の登場人物が活躍するオリジナル色の強い作品となっている。
上映館は発表当初で全国21館のみと非常に少なかったが、口コミで人気を呼び、最終的な上映館は100館をこえ、2007年4月のDVD発売まで公開が続くという異例のロングランヒットを記録した。

映画を観た人間には忘れることのできない「未来で待ってる」などの名シーンや名セリフをスタンプ化され、みずみずしくも懐かしい真琴や千昭、功介の掛け合いが思い出される。本作を10年前に観た人も他作品を観て細田作品に興味を持った人も楽しんで使えるラインナップとなっている。
また本作はLINEスタンプ以外にもスタジオ地図初のコラボカフェとなる渋谷パルコでの「時をかける少女 カフェ」や、映画の舞台になった東京国立博物館での「野外シネマ」など様々なイベントが行われている。そして、細田作品の中でも評価の高い一作となっている『バケモノの子』が2016年7月22日にノーカットでテレビ初放送されるなど、この夏は細田ファンにとっては「熱い」季節となっている。

スタジオ地図は「今年もまたあの夏がやってくる」をキャッチコピーに、まだまだ企画を発表するようなので、これからも動向が見逃せない。

(C) 「時をかける少女」制作委員会2006
《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

    コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  2. カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

    カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

  3. 【昨日のまとめ】これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー、『VS.スーパーマリオブラザーズ』配信日決定、『スプラトゥーン2』遂に「ハコフグ倉庫」が復活…など(12/14)

    【昨日のまとめ】これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー、『VS.スーパーマリオブラザーズ』配信日決定、『スプラトゥーン2』遂に「ハコフグ倉庫」が復活…など(12/14)

  4. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  5. C93に『シュタインズ・ゲート』ブース登場、鈴羽の誕生年記念の新作ドラマCDなどが販売

  6. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第8回 当たり前のアタリ4コマ二本立て

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 『ロックマンX』シリーズの復刻版カードダスが発売、幻の「メガミッション4」初カード化!

  9. 【速報】『FGO アーケード』ゲーム画面公開!セイバーの宝具シーンには気になる表示も

  10. 日本初のプロライセンス発行e-Sports大会は「闘会議2018」で開催ー『ストV』から『モンスト』まで

アクセスランキングをもっと見る