人生にゲームをプラスするメディア

ラヴクラフト「クトゥルフの呼び声」の協力型ボードゲームが8月4日発売!“邪教の信徒”を撃退し、旧支配者の復活を阻止せよ

ホビージャパンは、「クトゥルフの呼び声」シリーズと協力型ゲーム「パンデミック」のゲームシステムを融合させた、刺激的なボードゲーム「パンデミック:クトゥルフの呼び声」の日本語版を、8月4日に発売すると明かしました。

その他 玩具
ラヴクラフト「クトゥルフの呼び声」の協力型ボードゲームが8月4日発売!“邪教の信徒”を撃退し、旧支配者の復活を阻止せよ
  • ラヴクラフト「クトゥルフの呼び声」の協力型ボードゲームが8月4日発売!“邪教の信徒”を撃退し、旧支配者の復活を阻止せよ
  • ラヴクラフト「クトゥルフの呼び声」の協力型ボードゲームが8月4日発売!“邪教の信徒”を撃退し、旧支配者の復活を阻止せよ
  • ラヴクラフト「クトゥルフの呼び声」の協力型ボードゲームが8月4日発売!“邪教の信徒”を撃退し、旧支配者の復活を阻止せよ
  • ラヴクラフト「クトゥルフの呼び声」の協力型ボードゲームが8月4日発売!“邪教の信徒”を撃退し、旧支配者の復活を阻止せよ

ホビージャパンは、H.P.ラヴクラフトの「クトゥルフの呼び声」シリーズと協力型ゲーム「パンデミック」のゲームシステムを融合させた、刺激的なボードゲーム「パンデミック:クトゥルフの呼び声」の日本語版を、8月4日に発売すると明かしました。

協力型ゲームとなる「パンデミック:クトゥルフの呼び声」は、プレイヤーそれぞれが探索者となり、独自の特殊能力を使ってチームを勝利に導いていくことになります。プレイヤーが勝つか負けるかは全員一緒、いわば運命共同体です。なお本商品は拡張セットではなく、単独でのプレイが可能。「パンデミック」初体験の方も、本商品だけでじっくりと楽しめます。

■増え続ける邪教の信徒たちを撃退し、旧支配者の復活を阻止せよ!
古々しきもの(オールド・ワン)として知られている古代の奇妙な知性の存在は遥か彼方の宇宙監獄に押し込められている。彼らが目覚め、世界に現れたならば、現実の綾織を破壊し、時代に狂気と混沌を解き放つことになる。その結果、あなたが知り、愛するもののすべてが破壊されるのだ!

あなたは禁断の知識に触れ、「眠れる大衆」には耐えられないような事実を知ってしまった。「オールド・ワン」―旧支配者とも呼ばれる邪神たちが存在し、その復活はどんなことをしても止めなければならないことを。

オールド・ワンの目覚めを阻むための手がかりを得るには、邪教の信徒や恐るべき怪物たちを撃退しなければならない。探索が進むにつれ、あなたはより深い混沌と狂気に踏み込んでいくであろう。その時、邪神復活までの残された時間を伸ばすことが出来るのは、あなたの正気だけだ。

たとえ、狂気の瀬戸際にあっても、あなたこそが人類の最後の希望なのだ!


■パンデミック:クトゥルフの呼び声 日本語版
●価格/5,000円+税
●発売日/8月4日発売予定
●ゲームデザイナー:Chuck D. Yager & Matt Leacock
●翻訳:朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)
●プレイ人数:2~4人
●対象年齢:14歳以上
●プレイ時間:約40分

●内容物
ゲームボード 1枚、探索者フィギュア 7個、邪教の信徒フィギュア 26個、ショゴスフィギュア 3個、封印トークン 4個、手がかりカード 44枚、遺物カード 12枚、召喚カード 24枚、探索者カード 7枚、参照カード 4枚、オールド・ワンカード 12枚、正気度トークン 1個、正気度ダイス 1個、ルールブック 1冊



(C)2016 F2Z Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

    「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

  2. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

    「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  3. 『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

    『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

  4. 「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

  7. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  8. 中国からコスプレイヤーの魔王がやって来た!フォロワー数300万以上の存在感を放つ【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る