人生にゲームをプラスするメディア

中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

任天堂 Wii U

中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か
  • 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か
  • 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か
  • 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か
  • 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か
  • 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か
  • 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か
  • 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か


中国で、何もかもが任天堂のWii Uソフト『スプラトゥーン』そっくりのゲームがリリースされました。

6月29日よりオープンβテストがスタートしたこのゲームは、『暴走塗鴉(SEPIA GO!)』というタイトルで、スマホアプリ向けプラットフォームの9Game(九遊)で配信中。 現在はAndroid版のみがダウンロード可能となっています。



公式サイトで公開されている動画を観る限り、驚くことにインスパイアなどと言ったものではなく、もはや移植のレベル。グラフィックやゲームのシステム、そして音楽までもが全て丸パクリされている模様で、おそらく素材などは本物の『スプラトゥーン』から盗用されたものだと思われます。



このような盗用はこれまでも何度かニュースになっていますが、怒りを覚える中国ゲーマーも少なくはなく、過去には『艦これ』のコピーゲーム『艦娘世界』のサーバーが、中国の『艦これ』ファンたちの手によってダウンさせられるなどの出来事もありました。

中国では正式にはWii Uが販売されておらず、『スプラトゥーン』のことを知らない人がほとんどですが、一部のゲームファンからは「中国人ゲーマーの顔に泥を塗る恥知らずな行為だ」と怒りの声も上がっています。また、中国の一部ゲーム系メディアも「露骨な模写だ、このゲームの開発会社は近いうちに任天堂から警告文を受け取るだろう」と、この行為を批判する記事を掲載しています。

中国は近年、著作権に対する取り締まりを徐々に強化しており、また海外製ゲーム機の販売も開始したことから、これまでのような野放し状態ではなくなりつつあります。

今回のような盗用には断固として対処して欲しいところです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『スプラトゥーン2』7月上旬の環境では何が流行ってる?人気の戦法8選

    『スプラトゥーン2』7月上旬の環境では何が流行ってる?人気の戦法8選

  4. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  10. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る