人生にゲームをプラスするメディア

『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制?しかし真相は…

先日にスクールバッグを同梱した豪華限定版と共に海外発売が報じられた『ペルソナ5』ですが、その海外通常版ボックスアートのデザインが日本版から若干の調整があり、海外ファンの間でちょっとした議論を呼んでいたようです

ソニー PS4
 
  •  
  •  
日本語版/海外版

先日にスクールバッグを同梱した豪華限定版と共に海外発売が報じられた『ペルソナ5』ですが、その海外通常版ボックスアートのデザインが日本版から若干の調整があり、海外ファンの間でちょっとした議論を呼んでいたようです。

これはボックスアート左下に位置する女性キャラクター「高巻杏」が日本版では胸元まで描かれていたのに対し、海外版では黒猫のモルガナが胸元を覆うような配置に変更されているというもの。

海外ユーザーからは近年の『零 ~濡鴉ノ巫女~』の水着コスチューム削除や、『ブレイブリーセカンド』のゲーム内モデルの肌露出度変更、ひいては『DOA Xtreme 3』の欧米発売見送りなどと同様に、またも日本製ゲームの表現規制かと嘆く声も囁かれていたようですが、実際のところ今回のケースに関しては表現規制ではないシンプルな事情が隠されていたようです。

というのもその理由を説明するAtlus USA PRマネージャーのJohn Hardin氏によると、レイアウト変更はESRBのアイコンがCEROよりも一回り大きい為、モルガナの顔を隠れない位置に調整する必要があったとのこと。その結果、意図せずに胸元を覆うレイアウトになっていた、というのが事の真相のようです。海外ファンの方も安易な規制でないとわかり、胸をなでおろしたかもしれません。……とはいえ隠れている事実に変わりはないので、オリジナル版の方が良いというファンも少なからずいる事は間違いなさそうです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF7R』に『Ghost of Tsushima』に『十三機兵防衛圏』…PS Storeの大規模セールのラインナップに注目!

    『FF7R』に『Ghost of Tsushima』に『十三機兵防衛圏』…PS Storeの大規模セールのラインナップに注目!

  2. PS5発売から1週間―初期デビュー組による「プレイした感想」を紹介! 最も凄かった新機能、逆に“こうだったら良かった点”とは?【アンケート】

    PS5発売から1週間―初期デビュー組による「プレイした感想」を紹介! 最も凄かった新機能、逆に“こうだったら良かった点”とは?【アンケート】

  3. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月20日】─次の週末や連休明けに申し込み可能な抽選販売先をチェック

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月20日】─次の週末や連休明けに申し込み可能な抽選販売先をチェック

  4. PS5で遊ぶPS4タイトルの動作を検証!ロード時間にフレームレート、どれだけ快適に変化するのか【動画あり】

  5. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  6. PS5リメイク版『デモンズソウル』追加された「謎の扉」を開く方法が明らかに―中にあったのは“あのボス”の装備

  7. 世代交代迫る『モンハン:ワールド』を総決算! あなたの「最も印象に残ったモンスター」や「1番好きになった武器種」を大募集【アンケート】

  8. 【実録】PS5からデビューするゲーミングモニターのススメ─決断のポイントは「遊ぶジャンル」と「部屋の環境」!フルHDだって十分魅力的な選択肢

  9. 海外レビューハイスコア『天穂のサクナヒメ』―稲作、アクション、心温まるストーリー…話題作を海外メディアはどう評価?

  10. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

アクセスランキングをもっと見る