人生にゲームをプラスするメディア

「ウルトラマンオーブ」主題歌は水木一郎!新キャストに柳沢慎吾らが決定

その他 全般

『ウルトラマン』シリーズの新作『ウルトラマンオーブ』が2016年7月9日よりスタートする。本作は前作『ウルトラマンX』に続き、田口清隆が監督を務め、主役のクレナイガイを石黒英雄が演じる。2016年6月9日、東京ビッグサイトで行われている「東京おもちゃショー2016」では、バンダイブースで製作発表会が行われた。その様子をレポートする。

『ウルトラマン』シリーズは2016年で放送開始から50周年を迎える。『ウルトラマンオーブ』は記念すべき年の作品となった。今回の製作発表会では、新たなキャストも登壇し、多くの情報が明かされた。登壇したのは田口監督、主演の石黒英雄。そして夢野ナオミ役の松浦雅、早見ジェッタ役の高橋直人、松戸シン役のねりお弘晃、ジャグラス ジャグラー役の青柳尊哉と渋川一徹役の柳沢慎吾だ。特別ゲストとして、主題歌を歌う水木一郎も登壇した。

発表会では、第1話に登場する魔王獣マガバッサーが姿を見せた。続いてウルトラマンオーブが登場し、3種類の形態を披露。今回の『ウルトラマンオーブ』は、過去のウルトラヒーローの力が宿ったカードを使って戦う。ヒーローは2人で、その組み合わせによってウルトラマンオーブのタイプも変わるという仕組みだ。ステージでも「光の力、おかりします!!」と声をあげ、変身を遂げた。

『ウルトラマンエックス』の監督も務めた田口監督は、前作のテーマを「原点に戻る」と説明したうで、「今までの『ウルトラマン』をぶち壊す」「実験をする」といった言葉を使い、本作が今までのシリーズの流れとはかなり違うことを告白。「普段通りの展開にするより遊ぶ」と挑戦的な作品であることを告げ、「楽しみながらやっています」と現場の様子を語った。

特別ゲストとして登場した水木一郎は、劇場版の主題歌は今までにもやったことがあるが、テレビシリーズは今回が初であると話した。その水木一郎が歌うオープニングテーマ「オーブの祈り」は、前作に続きボイジャーが参加し、作詞作曲を高見沢俊彦が担当している。海上に流れたオープニング映像には、柳沢慎吾も「かっこいい!」と話した。その柳沢慎吾がオープニングで使っていたシーバーは、キャストが決まったのち特注で作られたことも明かされた。

ステージの終わりに、石黒は「一人でも多くの方に見てほしい。最後まで全力で頑張ります」とアピールした。しかし全員ステージから去ったあとに、柳沢慎吾が再び登場。「あばよ!」と声を上げて、連れ戻しに来た石黒と共に去っていった。

主人公のクレナイガイは、今までのシリーズとは違い陽気な風来坊という設定だ。しかし、ウルトラヒーローたちに力を借りる時は全て敬語である。挑戦的な作品ではあるが、そこに今までの『ウルトラマン』シリーズへのリスペクトを感じた。引き続きどのような作品になるのか、注目したい。
《タカロク》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY』30周年を記念する“VISA カード“を発行! 盤面はチョコボが彩るデザインに

    『FINAL FANTASY』30周年を記念する“VISA カード“を発行! 盤面はチョコボが彩るデザインに

  2. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

    【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

  6. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

  7. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  8. 現・世界チャンピオンによるオセロ講座も!『逆転オセロニア』リアルイベントレポート

  9. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  10. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】過去の名作が復活しても、それは自分にとっては“今のゲーム”という悩み

アクセスランキングをもっと見る