人生にゲームをプラスするメディア

2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

ゲームビジネス VR

2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示
  • 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示
  • 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示
株式会社Live2Dは、年次イベント「alive」にて、開発中の「Live2D Euclid(ユークリッド)」を利用したVR展示を実施すると発表しました。

2Dで描かれたキャラクターを立体的に表現する「Live2D」。3Dモデルを作り上げる必要もなく、またアニメーションのように膨大な枚数も不要で、イラストで描かれたキャラクターのテイストを活かしたまま動かすことができるこの技術は、ゲームはもちろん様々な媒体で活躍を見せています。

そんな「Live2D」シリーズの発展のひとつとして、「Live2D Euclid」が2014年に発表されました。現在展開している「Live2D Cubism」は、1枚の原画を元に立体的な動きを可能としていますが、立体表現の角度には限界がありました。ですが「Euclid」は360度の立体表現を目指しており、そのコンセプトに多くの方が高い関心を寄せています。


今年の2月に行ったインタビューにて、「Euclid」の現状を伺いましたが、このたび新たな展開が判明。同社は、「Live2D」を通して創作活動に関わる方々が集う「alive」を定期的に実施しており、今年も7月2日に「alive 2016」を開催しますが、この年次イベントにて「Live2D Euclid」のVRおよびARデモの展示を行うと明かしました。

VRデモのテーマは「Live2D 保健室」で、360度全方位の2D表現を実現したキャラクター「YUI」が、目の前で語りかけてくるというもの。保健室というシチュエーションで、「Euclid」生まれのキャラクターがどのような表現を見せてくれるのか、早くも期待が高まります。3台のHTC Viveが用意されますが、注目度合いによっては混み合うかもしれません。



また今回は、「Live2D Euclid」で動くキャラクターをじっくり見られるように、ARのデモも展示。会場に用意されているモバイル端末を通して、等身大の「YUI」を様々な角度から見ることができます。Live2Dが切り開く次のステップが気になる方は、「alive 2016」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

■「alive 2016」
●開催日:2016年7月2日(土)
●場所:日本工学院 蒲田キャンパス
●詳細はこちら:http://www.live2d.com/ja/alive2016


copyright (C) 2016 Live2D Inc. all rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  2. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

    CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  3. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  5. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  6. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  7. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

アクセスランキングをもっと見る