人生にゲームをプラスするメディア

2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

株式会社Live2Dは、年次イベント「alive」にて、開発中の「Live2D Euclid(ユークリッド)」を利用したVR展示を実施すると発表しました。

ゲームビジネス VR
2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示
  • 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示
  • 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示
株式会社Live2Dは、年次イベント「alive」にて、開発中の「Live2D Euclid(ユークリッド)」を利用したVR展示を実施すると発表しました。

2Dで描かれたキャラクターを立体的に表現する「Live2D」。3Dモデルを作り上げる必要もなく、またアニメーションのように膨大な枚数も不要で、イラストで描かれたキャラクターのテイストを活かしたまま動かすことができるこの技術は、ゲームはもちろん様々な媒体で活躍を見せています。

そんな「Live2D」シリーズの発展のひとつとして、「Live2D Euclid」が2014年に発表されました。現在展開している「Live2D Cubism」は、1枚の原画を元に立体的な動きを可能としていますが、立体表現の角度には限界がありました。ですが「Euclid」は360度の立体表現を目指しており、そのコンセプトに多くの方が高い関心を寄せています。


今年の2月に行ったインタビューにて、「Euclid」の現状を伺いましたが、このたび新たな展開が判明。同社は、「Live2D」を通して創作活動に関わる方々が集う「alive」を定期的に実施しており、今年も7月2日に「alive 2016」を開催しますが、この年次イベントにて「Live2D Euclid」のVRおよびARデモの展示を行うと明かしました。

VRデモのテーマは「Live2D 保健室」で、360度全方位の2D表現を実現したキャラクター「YUI」が、目の前で語りかけてくるというもの。保健室というシチュエーションで、「Euclid」生まれのキャラクターがどのような表現を見せてくれるのか、早くも期待が高まります。3台のHTC Viveが用意されますが、注目度合いによっては混み合うかもしれません。



また今回は、「Live2D Euclid」で動くキャラクターをじっくり見られるように、ARのデモも展示。会場に用意されているモバイル端末を通して、等身大の「YUI」を様々な角度から見ることができます。Live2Dが切り開く次のステップが気になる方は、「alive 2016」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

■「alive 2016」
●開催日:2016年7月2日(土)
●場所:日本工学院 蒲田キャンパス
●詳細はこちら:http://www.live2d.com/ja/alive2016


copyright (C) 2016 Live2D Inc. all rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GDC 2014】 カスタマーサポートと QAの連携が今後のカスタマーリレーションズの鍵となる。大手企業のスタッフが語る

    【GDC 2014】 カスタマーサポートと QAの連携が今後のカスタマーリレーションズの鍵となる。大手企業のスタッフが語る

  2. セガ、本社を品川に移転

    セガ、本社を品川に移転

  3. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

    【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  4. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  5. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  6. スクウェア・エニックス、本社を新宿イーストサイドスクエアに移転

  7. 『塊魂』の高橋氏がゲーム業界を去る ― 「悲しい」「好きなことをして欲しい」と海外の声

  8. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  9. 【CEDEC 2010】アサシン・クリードのゲームデザインと開発プロセス

  10. 【DEVELOPER’S TALK】ゲームは和風、開発は洋風?ツール&ミドルウェアを駆使して実現した極上サムライゲー『侍道3』

アクセスランキングをもっと見る

1