人生にゲームをプラスするメディア

フルCGアニメ「GANTZ:O」10月公開決定!さとうけいいち総監督、制作デジタル・フロンティア

2015年11月17日に電撃発表された『GANTZ』の映画プロジェクトの最新情報が発表された。映画の正式タイトルは『GANTZ:O』、2016年10月14日から全国ロードショーとなる。

その他 アニメ
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
  • (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
奥浩哉の描くSFアクションマンガの傑作が、最新のフルCGアニメーションを用いて映像化される。2015年11月17日に電撃発表された『GANTZ』の新映画プロジェクトの最新情報が発表された。
映画の正式タイトルは『GANTZ:O』、2016年10月14日から全国ロードショーとなる。合わせてスタッフも明かされ、特報も公開された。2016年秋に向かって一気にヒートアップする。

『GANTZ』は2000年から2013年にかけて、奥浩哉が「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載したマンガだ。死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描。意表を突いた設定に、キレのある絵、そして迫力のあるアクションで人気を博してきた。
作品はこれまでテレビアニメ、実写映画、ゲームなど様々なメディアに展開してきた。なかでも2011年に二宮和也、松山ケンイチら出演した映画2部作は大ヒットを実現した。

そして今回は、その傑作をフル3DCGアニメーションでたっぷりと描く。しかも、ストーリーは原作のなかでもとりわけ人気の高い大阪編を取り上げる。
さらに映画制作のために、精鋭スタッフが集まった。総監督は『TIGER & BUNNY』『聖闘士星矢Legend of Sanctuary』などのさとうけいいち、監督は『APPLESEED』のCGディレクターを手がけた川村泰が担当する。脚本は『ONE PIECE FILM GOLD』、『黒執事』『LIAR GAME』などアニメ・実写作品で活躍する黒岩勉である。
アニメーション制作のデジタル・フロンティアは、実写版「GANTZ」シリーズでもVFXを担当している。加えて、『バイオハザード ダムネーション』をはじめフルCGアニメーションでも多くの実績を積み重ねる。期待していいだろう。2016年秋、見逃せない映画の登場だ。


『GANTZ:O』
2016年10月14日(金) 全国ロードショー

[スタッフ]
原作: 奥浩哉
総監督: さとうけいいち
監督: 川村泰
脚本: 黒岩勉
制作: デジタル・フロンティア
配給: 東宝映像事業部
製作: 「GANTZ:O」製作委員会
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

「GANTZ:O」16年10月14日全国公開決定 さとうけいいち総監督、制作デジタル・フロンティア

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!スイッチ向け作品の可能性が濃厚か?

    コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!スイッチ向け作品の可能性が濃厚か?

  2. 「ドラゴンボール」新作ゲームの情報が明らかに―「Z」世界を舞台にしたアクションRPG!

    「ドラゴンボール」新作ゲームの情報が明らかに―「Z」世界を舞台にしたアクションRPG!

  3. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

    コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

  4. 「声優紅白歌合戦2019」第一弾出演者が発表―井上喜久子、大塚明夫、関智一など豪華声優陣が登場!

  5. 『キングダム ハーツ』「つながりのお守り」をモチーフにしたネックレス&ブレスレットが本日22日から予約受付開始!

  6. 『NieR:Automata』新カラーリングの「2B」がブリングアーツに登場!組み合わせ可能な「ウェポンコレクション 」も公開

  7. ゲーマーなら絶対欲しくなる!? ゲームをモチーフにした手作りランプ8選

  8. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

アクセスランキングをもっと見る