人生にゲームをプラスするメディア

新作『1666』権利訴訟問題が和解、権利はPatrice Desiletsの手に

その他 全般

新作『1666』権利訴訟問題でPatrice Desilets氏とUbisoftが和解―権利はDesilets氏の手に
  • 新作『1666』権利訴訟問題でPatrice Desilets氏とUbisoftが和解―権利はDesilets氏の手に
今は無きTHQの新作として発表され、後の資産オークションにてUbisoftがTHQモントリオールスタジオとともに権利を取得していた新作プロジェクトの『1666』。本作の権利を巡り、2013年にゲームデザイナーPatrice Desilets氏がUbisoftに対して訴訟を起こしていましたが、2016年4月25日をもって両者が和解に合意したと発表されました。

発表はPatrice Desilets氏が2014年に設立したPanache Digital Gamesから行われたもの。和解によって『1666』の制作およびビジネスコントロールの権利がUbisoftからDesilets氏に譲渡、同氏がケベック上級裁判所で起こしていた訴訟を撤回されました。

UbisoftのCEOであるYannis Mallat氏は発表の中で「過去の行き違いはさておき、Patriceと私はビデオゲームの開発、そしてこのエンターテインメントの中核の発展に注視している」とコメント。また、今回の合意が誰にとっても良い報せとなったと述べた他、Patrice Desilets氏を才能あるデザイナーと評し、今後の成功を望む言葉が送られています。

一方のDesilets氏も『1666』の権利取得問題が合意に達したことは喜ばしいこととコメント。気になる新作『1666』の開発についてですが、同氏はPanache Digital Gamesが現在開発中のタイトル『Ancestors: the Humankind Odyssey』に注力すると伝えており、今後の展開は不明となっています。また、Desilets氏もUbisoftチームに対し、成功を祈る言葉を残しました。

複雑な関係を築いていたUbisoftとDigilets氏ですが、『1666』の権利が確定したのはファンにとっても喜ばしいニュースとなったのではないでしょうか。しかしながら、和解発表の前にはUbisoftが米国特許商標庁に『1666』の商標申請をしており、保留となっていた開発が再び始動するのか、始動した場合どのような開発体制が取られるのか、依然として注目が寄せられる状況となっています。

新作『1666』権利訴訟問題でPatrice Desilets氏とUbisoftが和解―権利はDesilets氏の手に

《水京》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『アズールレーン』新艦船“潜水艦”の魅力に迫る、【FGO】町娘から聖女になった少女マルタとは、「ピカチュウ」のレザーアイテムが新登場…など(6/18)

    【昨日のまとめ】『アズールレーン』新艦船“潜水艦”の魅力に迫る、【FGO】町娘から聖女になった少女マルタとは、「ピカチュウ」のレザーアイテムが新登場…など(6/18)

  2. 6月22日開催「All Nightでフォートナイト」、プロゲーミングチームSCARZよりきるあ、すいか棒が参戦!当日スケジュールと出演者のまとめも

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. 【動画】懐かしの“アレ”にインサイドちゃんがビビりまくる!?

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る