人生にゲームをプラスするメディア

ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす

日本一ソフトウェアは、PS Vitaソフト『世界一長い5分間』を2016年7月28日に発売します。

ソニー PSV
ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
  • ラスボス戦をADVで描くRPG『世界一長い5分間』が謎過ぎる…勇者、魔王を前に冒険の「思い出」を失くす
日本一ソフトウェアは、PS Vitaソフト『世界一長い5分間』を2016年7月28日に発売します。

本タイトルの企画・シナリオ・音楽を担当したのは、スマートデバイス向けアプリ『あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね』や『彼女は最後にそう言った』を手がけた“SYUPRO-DX”。数々の実績を積み上げてきたSYUPRO-DXが、日本一ソフトウェアとタッグを組み、PS Vitaタイトルに取り組みます。


気になるゲーム性も個性に溢れており、「魔王戦をアドベンチャーゲーム形式で描いたパート」と「これまでの冒険の追体験をRPGゲームのように進行するパート」を行き来することで進んでいきます。この構造がどのようなプレイ体験に繋がるのか、このたびお披露目を迎えた最新情報から読みとってみましょう。タイトルに掲げられている「5分間」の意味も明かされているので、どうぞお見逃しなく。

◆物語



諸悪の根源とされる魔王を目の前にし、勇者・バックは、これまでの冒険の「思い出」をなくす。自ら必殺技や、故郷の名前、魔王を倒す理由さえも思い出すことができず、パーティーの足手まといになってしまう。

防戦一方の展開の最中、仲間の言葉や魔王との会話などをきっかけに、「思い出」がまるで今起きている出来事かのように蘇る。かけがえのない「思い出」を取り戻そうとする勇者、圧倒的な力をもって立ちはだかる魔王。

果たして、両者の『世界一長い5分間』に渡る戦いの行方は――

◆『世界一長い5分間』詳細


■気が付くと、そこは魔王(?)の目の前でした・・・

目の前に立ちはだかるのは魔王・・・と仲間は呼んでいる。しかし、主人公・バックは、なぜこんなところにいるのかすら思い出せない!! これまでの冒険の思い出は……いったい どこにいってしまったのか!?


『世界一長い5分間』では、ゲームを開始すると、いきなりラスボスである魔王との戦いから始まります。魔王戦はアドベンチャー形式で進行していきます。熾烈を極める魔王との戦いの最中、魔王と交わす言葉や主人公の独白、仲間との会話などが展開されます。

タイトル名になっている『世界一長い5分間』とは、この「魔王との戦い」を繰り広げている時間となります。

■おお ゆうしゃよ! おもいでをなくすとは なにごとだ!

主人公である勇者は、魔王と対峙しているにも関わらず、これまでの冒険の「思い出」を失くしています。必殺技や故郷の名前、戦う目的すらも忘れていた勇者ですが、魔王との戦いの中で、何度も冒険の「思い出」を追体験していきます。


勇者の追体験は、ロールプレイングゲームとして進行します。旅立ちの日や、仲間との対立、伝説の剣の入手など、勇者がこれまでにしてきた数々の冒険を実際にプレイすることとなります。

■思い出はRPGの中に――

勇者が追体験した「思い出」は、魔王戦の中で蘇ります。最初は記憶を失っていることに戸惑う勇者ですが、追体験を繰り返すにつれて、強力な魔法への対策、魔王と戦う理由、曲げられない信念など、かけがえのない「思い出」が呼び起こされます。


物語は、魔王戦(アドベンチャーパート)と、追体験(RPGパート)を行き来しながら進行します。数々の冒険の「思い出」を追体験しながら、勇者は本来の自分を取り戻していきます。

◆キャラクター


■全てを忘れし勇者:バック=フラッシュバック
「そうだ……思い出した!!」

勇者であり主人公。「勇者選抜試験」に合格し、勇者として3人の幼馴染たちとともに旅立つことになる。魔王を対峙した際、これまでの冒険の「思い出」をなくしてしまう。物忘れが激しく、思い出を美化する傾向が強い。



■どこか憎めないヤンキー魔法使い:リーゼント=ナイトフィーバー
「お前は『勇者』だ! みんなに認められた『勇者』なんだよ!!」

由緒正しい家の出身だが、口が悪く喧嘩っ早い吟遊詩人。音楽の道を志しているが、意に反して、魔法の才能が開花する。



■絵に描いたような僧侶ストックウッド代表:ヨツバ=シロツメクサ
「まだ わかんないけど! 『霧』じゃないとすれば……魔王の『邪気』のせいなのかも……!」

引っ込み思案な性格だが、芯が強くて優しい僧侶。回復や支援の魔法を使い、仲間を助ける。



■スタイル抜群ハードパンチャー:ユズ=ナナコロビ
「記憶が ぜーんぶ吹っ飛んだわけじゃなさそうだね……!」

すこしドジなところがあるが、明るく元気な武闘家。持ち前の身体能力を活かし、素早い身のこなしで魔王を翻弄する。



■諸悪の根源 討つべき宿敵:魔王
「さあ! 来るがよい! わたしが王たる所以 しかと その目に焼きつけよ!!」

諸悪の根源とされる魔王。ガストンベリー王国を中心に、世界を「霧」で包んだとされる。圧倒的な力を持ち、勇者たちとの激戦を繰り広げることとなる。



◆初回限定版情報


【初回限定版】
●日めくり卓上カレンダー
『世界一長い5分間』作中の名台詞&名シーンを抜粋した日めくりカレンダー。

●『世界一長い5分間』&SYUPRO-DX歴代タイトルのサウンドトラック(2枚組)
『世界一長い5分間』及び、SYUPRO-DXの歴代タイトルの楽曲を厳選して収録したサウンドトラック。収録されている楽曲は全て、SYUPRO-DXの音楽を制作している入間川氏による作曲。

●『世界一長い5分間』きかくのしょ
『世界一長い5分間』の秘蔵の企画書を収録。



※初回限定版は5月に生産数を決定いたします。初回限定版をお求めの方はお早めにご予約ください。
※初回限定版は数に限りがございます。
※特典の情報は製作中のものです。内容は予告無く変更される場合がございますので、ご了承ください。
※特典画像はイメージです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『世界一長い5分間』は2016年7月28日発売予定。価格は、通常版が3,980円(税抜)、ダウンロード版が2,857円(税抜) 、初回限定版が5,980円(税抜)です。

(C)2016 Nippon Ichi Software, Inc. / Planned by SYUPRO-DX
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【10月25日】─「ノジマオンライン」の当選倍率が60倍に急増

    「PS5」の販売情報まとめ【10月25日】─「ノジマオンライン」の当選倍率が60倍に急増

  2. エウルア生誕祭に『聖剣伝説3』あんべよしろう氏がイラスト投稿!『原神』屈指のネタ武器「マグロ大剣」がマッチ

    エウルア生誕祭に『聖剣伝説3』あんべよしろう氏がイラスト投稿!『原神』屈指のネタ武器「マグロ大剣」がマッチ

  3. たった1つのボタンで『DARK SOULS III』をクリアする猛者現る―モールス信号のように器用に操作

    たった1つのボタンで『DARK SOULS III』をクリアする猛者現る―モールス信号のように器用に操作

  4. 「PS5」の販売情報まとめ【10月27日】─「ノジマオンライン」の抽選受付は10月31日まで

  5. 「ガストブランドの集大成とも言える作品」―『BLUE REFLECTION TIE/帝』細井総合P&土屋開発Pが語る制作秘話

  6. 『FF14』80万ダメージ超えを出せるのは今だけ!?青魔道士が熱い理由を徹底解説―RW素材集めの周回もソロで楽々、これがリミテッドジョブの実力だ

  7. オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』【2018/10/10更新】

  8. 「PS5」の販売情報まとめ【10月26日】─「ノジマオンライン」は抽選販売を展開中、「Amazon」の抽選結果が本日発表

  9. 18歳以上対象のPS3/PS Vitaダウンロードゲームが10月27日より購入不可に―CERO:D以下は同日以降も購入可能

  10. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

アクセスランキングをもっと見る