人生にゲームをプラスするメディア

ポーランドに実在する「モンスタースレイヤー育成学校」が熱い…錬金術やフェンシングなどが学べる

その他 全般

 
  •  
  •  
  •  
  •  
Andrzej Sapkowskiの小説が原作でCD Projekt REDがゲーム版を開発した『The Witcher』。本シリーズに登場するモンスタースレイヤーたち「ウィッチャー」の養成を目的とした学校がポーランドに開校中です。

1年ほど前から存在している「The Witcher School」は、LARP (live action role-playing game)と呼ばれる物理的にキャラクターを演じるロールプレイングゲームの一環として登場しました。いまでも定期的にウィッチャー(モンスタースレイヤー)の"弟子"を募集しており、基本は朝夕食付きホテルで3泊4日の合宿のような形式。参加費用は350ユーロです。

男女ともに入学できる学校は、ポーランド国内に建つ「Moszna城」を舞台としており、筋肉トレーニングなどを行いつつ、フェンシング、アーチェリー、錬金術、サバイバル、瞑想、本草学などを学びます。また、"モンスター"との戦闘訓練もあるようです。



実施期間は地域ごとに異なり、ポーランド国内向けの学校は2016年9月22日から25日、英語圏向けの学校は2016年9月29日から10月2日まで。主催は地元企業が行っていますが、ゲーム版を開発したCD Projekt REDもプロジェクトをサポートしています。さらに『The Witcher』の世界観にあった衣装が用意され、レザー装備を作る機会があるほか、ハンドメイドのウィッチャーメダリオンも自宅に持って帰れるそうです。

『The Witcher』シリーズファンにはたまらないこの学校。公式SNSページでは様々な画像が掲載されています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  2. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

    【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  3. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

  8. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

  9. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

  10. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

アクセスランキングをもっと見る

1