人生にゲームをプラスするメディア

「ゴールデンカムイ」マンガ大賞2016グランプリに…北海道が舞台のサバイバルアクション

その他 漫画

 
  •  
3月29日、書店員を中心にしたマンガ好きが選ぶ「マンガ大賞2016」の結果が発表された。大賞は野田サトルの『ゴールデンカムイ』が輝いた。『ゴールデンカムイ』は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中のサバイバルアクションだ。
第2位は九井諒子の『ダンジョン飯』、第3位は石塚真一の『BLUE GIANT』が選ばれている。ノミネート作品には、いま最も旬なマンガが並んだ。

『ゴールデンカムイ』は、明治時代後期を舞台に、北海道へ足を踏み入れた杉元佐一が、アイヌの遺した金塊を追い求める姿が描かれている。
これまでにも「このマンガがすごい! 2016」オトコ編・第2位、「コミックナタリー大賞 2015」第2位に選ばれ、シリーズ累計180万部を突破している話題作である。今回の受賞でさらに注目を集めそうだ。

第2位の『ダンジョン飯』は「ハルタ」(KADOKAWA)にて連載中のグルメファンタジー、第3位の『BLUE GIANT』は「ビッグコミック」(小学館)にて連載中のジャズマンガだ。ジャンルも出版社も異なる3作品が上位を占めるかたちとなった。
第4位以降は、三部けい『僕だけがいない街』、たかみち『百万畳ラビリンス』、沙村広明『波よ聞いてくれ』、眉月じゅん『恋は雨上がりのように』、安藤ゆき『町田くんの世界』、東村アキコ『東京タラレバ娘』、山本さほ『岡崎に捧ぐ』、イーピャオ/小山ゆうじろう『とんかつDJアゲ太郎』となっている。

「マンガ大賞」は過去1年間の注目作品を選ぶアワードである。選考対象は2015年内に単行本が出版された作品で、最大巻数は8巻までと定めている。これはまだあまり知られていない作品を選ぶという趣旨のためだ。
まず第1次選考として2016年1月にノミネート作品を発表。そこから上位3作品を選考・集計し、大賞作を決定した。公正を旨とする企画意図から、運営はすべてノーギャラ・ボランティアで行われている。
[高橋克則]

マンガ大賞2016

大賞
『ゴールデンカムイ』  野田サトル

2位 『ダンジョン飯』 九井諒子
3位 『BLUE GIANT』 石塚真一
4位 『僕だけがいない街』 三部けい
5位 『百万畳ラビリンス』 たかみち
6位 『波よ聞いてくれ』 沙村広明
7位 『恋は雨上がりのように』 眉月じゅん
8位 『町田くんの世界』 安藤ゆき
9位 『東京タラレバ娘』 東村アキコ
10位 『岡崎に捧ぐ』 山本さほ
11位 『とんかつDJアゲ太郎』 イーピャオ/小山ゆうじろう

「ゴールデンカムイ」マンガ大賞2016 グランプリに 北海道舞台にサバイバルアクション

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  2. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選、「クトゥルーの呼び声」の帯に『FGO』アビゲイルとラヴィニアが、スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売決定…など(1/17)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選、「クトゥルーの呼び声」の帯に『FGO』アビゲイルとラヴィニアが、スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売決定…など(1/17)

  3. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  4. 「オタクコイン準備委員会」のアドバイザーに“Oculus創業者”や“世界最大級アニメ紹介サイトのCEO”が就任

  5. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 3Dと実写、見分けつく?『NieR:Automata』2B海外ファンアートが現実レベル

  8. 「闘会議2018」で『スプラトゥーン2』『UNDERTALE』などを生演奏!ステージ情報が明らかに

  9. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  10. 「集中力増加サプリ」を試したゲーマーの身体に起きたこと【実験企画】

アクセスランキングをもっと見る