人生にゲームをプラスするメディア

小説ウィザードリィ「隣り合わせの灰と青春」Kindle版が4月配信!「不死王」「風よ。龍に届いているか」も

名作ゲームブック「ドルアーガの塔」三部作などを電子化し、Kindle版としてリリースしている幻想迷宮書店。4月中旬には「魔人竜生誕」の配信も予定していますが、更なるラインナップが明らかとなりました。

その他 全般
小説ウィザードリィ「隣り合わせの灰と青春」Kindle版が4月配信!「不死王」「風よ。龍に届いているか」も
  • 小説ウィザードリィ「隣り合わせの灰と青春」Kindle版が4月配信!「不死王」「風よ。龍に届いているか」も
名作ゲームブック「ドルアーガの塔」三部作などを電子化し、Kindle版としてリリースしている幻想迷宮書店。4月中旬には「魔人竜生誕」の配信も予定していますが、更なるラインナップが明らかとなりました。

Kindle版として登場する新たなタイトルは、コンピュータRPGの草分け的存在として知られいる『ウィザードリィ』を題材とした小説、「隣り合わせの灰と青春」です。ベニー松山氏が手がけた本作は、キャラクターレベルや呪文体系、転職といった『ウィザードリィ』の要素を、地に足のついた設定として積極的に取り入れて消化し、物語を彩る重要な要素としてまとめあげた点などで名を馳せました。


もちろんキャラクターの魅力や、恐ろしい迷宮をリアルに感じさせる描写力、そして意外な展開を見せるストーリーなど、その特徴を記せばキリがないほど。ベリアル(善)とアルハイム(悪)といった、異なる戒律を持つ人物たちの交わりなども実に印象的でした。

この「隣り合わせの灰と青春」は、ゲームを原作とした小説化が今ほど頻繁に展開されていない1988年に、JICC出版局(現、宝島社)より出版され、1998年には集英社にて文庫化。ですが既にどちらも絶版となっており、今はプレミア価格で古本が一部出回っている程度です。

多くのファンから支持を得るほどの作品ですが、もう一度読める手軽さや興味を持った未読の読者がアクセスしやすい状況にあるとはいえず、もどかしい状態が続いていましたが、このたび幻想迷宮書店より、Kindle版「隣り合わせの灰と青春」が4月11日に配信を開始します。





しかも、同じく『ウィザードリィ』シリーズを原作とする小説『不死王』(5月1日)と『風よ。龍に届いているか』(5月中)も続けて配信される予定とのこと。『風よ。龍に届いているか』も、オリジナル版・文庫版ともに定価を上回る価格で取り引きされているため、この電子化を喜ぶ人も多いことと思います。

いずれも、当時の評判はもちろん、今読んでも完成度の高さに目を見張る作品ばかり。まずは4月11日に配信される「隣り合わせの灰と青春」を楽しみにお待ちください。なおKindle版のイラストは高橋政輝氏が担当し、価格は600円です。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  2. 12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

    12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

  3. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  4. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  5. 『FGO アーケード』「マスター40万人突破キャンペーン」開催決定!アプリでは「概念礼装プレゼント 第3弾」も実施

  6. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

アクセスランキングをもっと見る