人生にゲームをプラスするメディア

コロプラ、「Oculus Rift」の発売に併せてVRパズルゲームとテニスゲームをリリース

ゲームビジネス VR

コロプラ、「Oculus Rift」の発売に併せてVRパズルゲームとテニスゲームをリリース
  • コロプラ、「Oculus Rift」の発売に併せてVRパズルゲームとテニスゲームをリリース
  • 『Fly to KUMA』
  • 『Fly to KUMA』
  • 『Fly to KUMA』
  • 『Fly to KUMA』
  • 『VR Tennis Online』
  • 『VR Tennis Online』
  • 『VR Tennis Online』
コロプラは、Oculus Rift向け新作VRゲーム『Fly to KUMA』と『VR Tennis Online』の配信を決定しました。

配信が決定したのは、たくさんのクマをゴールまで導くパズルゲーム『Fly to KUMA』と、オンライン対戦可能なテニスゲーム『VR Tennis Online』です。配信は2016年春を予定しています。


『Fly to KUMA』では、一定の法則に従いながら前進するクマたちをゴールまで導きます。プレイヤーは、クマたちが進むルート上にうまくブロックを配置することで、段差を登らせたり、障害物から守ったりして、ゴールまでのルートを確保します。ステージは100種類以上。難易度は、ステージが進むにつれて増していきます。



『VR Tennis Online』は、シンプルな操作で奥深い駆け引きを楽しめるスポーツアクションゲームです。ショットは、コントローラのボタンで打ち分け可能。ゲームを進めることで、必殺ショットを習得できます。空中を舞いながらコートに落下してくるショットや、消える魔球などさまざまなショットがあり、ボールの軌道を目で追って見極める必要があります。


必殺ショットは同時に最大2つセット可能で、ショットの組み合わせがカギとなります。VRならではの臨場感で、マンガの世界のような必殺ショットを体験できることが特徴です。


『Fly to KUMA』と『VR Tennis Online』は、2016年春配信予定です。

(C) 2016 COLOPL, Inc.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

    【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  2. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  3. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  4. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  5. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  6. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  7. 「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第1回 Shadeとは? 生い立ちから最新版の機能まで

  10. 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告

アクセスランキングをもっと見る