人生にゲームをプラスするメディア

TRPG向けミニチュア城『Dwarven Forge's Castles』が超豪華!サンドボックスの様に組み立て可能

「Dwarven Forge's Castles」は、TRPG向けのダンジョン・タイルを販売する老舗メーカーのドワーヴン・フォージ(Dwarven Forge)の製品です。

その他 玩具
TRPG向けミニチュア城『Dwarven Forge's Castles』が超豪華!サンドボックスの様に組み立て可能
  • TRPG向けミニチュア城『Dwarven Forge's Castles』が超豪華!サンドボックスの様に組み立て可能
  • TRPG向けミニチュア城『Dwarven Forge's Castles』が超豪華!サンドボックスの様に組み立て可能
  • TRPG向けミニチュア城『Dwarven Forge's Castles』が超豪華!サンドボックスの様に組み立て可能
  • TRPG向けミニチュア城『Dwarven Forge's Castles』が超豪華!サンドボックスの様に組み立て可能
TRPGやミニチュアゲームで遊ぶアナログゲーマーの中には、やっぱりいつかは自分の城を持ちたい思っている方が多いはず。そんなあなたにオススメしたい大迫力のミニチュア城「Dwarven Forge's Castles」がKickstarterページに登場しました。

「Dwarven Forge's Castles」は、TRPG向けのダンジョン・タイルを販売する老舗メーカーのドワーヴン・フォージ(Dwarven Forge)の製品で、投資額に応じて「城門」「城壁」「見張塔」「城」といった感じで、見返りとして貰えるパーツがグレードアップ。25mmスケールということなので、一般的な28mmスケールのミニチュアと問題なく組み合わせられる仕様となっています。



なんといっても魅力的なのは、細かなパーツにわかれており、自由自在に組み立て、使わない時にはバラバラにできるところ。TRPGやミニチュアゲームで使うことを考えると、外に持ち運ぶことも多いのでこれはすごく良いポイント。運搬の面で言えば、素材は同社がドワーヴンナイトと呼んでいる硬い樹脂製で、かなり頑丈なので袋に詰め込んで雑に持ち運んでもなかなか壊れないというのも1つの売りとなっています。



城全体だと770ドルしますが、使うことの多そうな「城壁」だけなら175ドル、「見張り塔」だけなら190ドルと、(錯覚かもしれませんが)比較的お手頃価格。ちなみに送料は別途かかります。製品には未塗装(グレー)の通常版と、塗装済みの豪華版を用意。値段は上がってしまいますが、自分で塗る手間も考えると豪華版も良い選択肢となるでしょう。



また、Kickstarterおなじみのアンロック要素もありますので投資の見返りとして貰える報酬が、どんどん増えていくとのこと。内装を彩る小物類がもっと増えていくといいですね。ちなみに、ドワーヴン・フォージでは『Dungeon(ダンジョン)』や『Cavern(洞窟)』、『City Builder(街)』といった製品をKickstarterで資金を集め、現在通常販売中。



自分は塗装済みの『Dungeon』を愛用(以前の『クトゥルフ・ダークエイジ』のレポートでも使用)していますが、資金と置き場にある程度余裕のある方にはオススメの製品です。

城はダンジョンよりも場所を取りそうですが、城の主となりゲームを迫力満点に遊びたいという人はぜひ投資してみてはいかがでしょうか。
《傭兵ペンギン》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 昂ぶる、昂ぶるぞ!!『遊戯王』デュエルディスク&デッキケース付きベルトレビュー

    昂ぶる、昂ぶるぞ!!『遊戯王』デュエルディスク&デッキケース付きベルトレビュー

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. 「FGO バビロニア×ココス」コラボ初日に中野店へ行ってみた! 外観・店内、更にバイト募集までFGO仕様に【レポート】

  5. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

アクセスランキングをもっと見る

1