人生にゲームをプラスするメディア

ついに「SAO」実現か…IBMによる『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』テスター募集開始

その他 全般

ついに「SAO」実現か…IBMによる『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』テスター募集開始
  • ついに「SAO」実現か…IBMによる『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』テスター募集開始
日本IBMは、VRMMOを題材とした人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」に関する新たな展開を発表しました。

本日2月22日に同社は、Twitterアカウントにて「あのVRMMOを、IBMのテクノロジーが現実に」との意味深な一文を掲載しました。そのつぶやきには「ソードアート・オンライン」のイラストも貼られており、ハッシュタグ「#SAO」も記載。このことから、日本IBMと「ソードアート・オンライン」による新たな動きが始まると、既に高い注目を集めています。


なお、詳細に関しては「明日(2月23日)10時に詳細を発表します」と述べられていましたが、既に本プロジェクトの公式サイトが公開中です。それによると、このプロジェクトはVRデバイスを用いた『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』という作品で、原作者の川原礫氏がシナリオを監修。BMのクラウド・サービス「SoftLayer」をシステム基盤として活用することで、高負荷なデータが高速処理され、現実世界の臨場感がVRMMOゲーム上で実現されます。

また、 IBMのコグニティブ・コンピューティング・システム「IBM Watson」が「未来のゲームにおいて活用されたらどのようなことができるのか?」をイメージしたナビゲーター「コグ」がゲーム内に登場するほか、プレイヤーは3Dスキャンされ、そのままの姿でゲーム内に登場するようです。

今後のスケジュールとしては、2月22日から3月4日までアルファテスターの募集が行われ、テストは3月18日から3月20日まで東京都内にて実施されます。また、本作に関する最新映像も公開されており、「ソードアート・オンライン」の世界をIBMの技術が構築していく様子が綴られています。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=fcGhGEfHdWs

■ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM
2016年春。≪ソードアート・オンライン≫創生の秘密が、ついに紐解かれる―――。
天才プログラマー・茅場晶彦が思い描く革新的次世代ゲーム≪ソードアート・オンライン(SAO)≫は未だ理論に留まり、その開発は行き詰まりを見せていた。しかし、ある企業のとある技術との出会いによって、状況は大きく変化しプロトタイプの完成にこぎつけた……。
そしてついに、≪SAOアルファテスト≫の実施とテスターの募集が始まった―――。


■ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM 特設サイト
URL:http://www.vrmmo-project.jp/
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』どのアルトリアが一番好き?、「ロケット団」の求人案内が出現、『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』時田貴司に直撃インタビュー…など(10/18)

    【昨日のまとめ】『FGO』どのアルトリアが一番好き?、「ロケット団」の求人案内が出現、『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』時田貴司に直撃インタビュー…など(10/18)

  3. 佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

    佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

  4. サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【特集】「主人公より存在感ある強烈ゲームキャラ」10選

  7. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  8. 【特集】広くて危険な「オープンワールドアクションの世界」10選

  9. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  10. 【特集】ゲームでイライラする10の要素

アクセスランキングをもっと見る