人生にゲームをプラスするメディア

【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!

『クローズ×WORST V』の「激闘日記」も気づけば今回で7回目。前回と同様に、まずはストーリーの流れを紹介しつつ、後半では注目要素「V進化」について解説しちゃうぞコラァ!

PCゲーム ソーシャルゲーム
【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
  • 【激闘日記】『クローズ×WORST V』進化の謎を追い我々が出会ったものは…モヒカンだコラァ!
ちょっと聞いてくれよ。この間さ、六本木にある超有名なビルに取材に行ったのさ。そんでオフィスの入り口に入ったらさ、カッチリとした着こなしのヤローが俺にこう言ったのさ。「お客様は●●(企業名)にご用の方ですか?」って。違ったね。もちろん違ったね。そんなに金持ってたら仕事してねーもん俺。一企業があんだけでかいビルに専用入り口を持ってるってのも驚愕だったんだが、何に一番驚いたかって、

「俺をひと目見ただけで、金持ってる奴じゃねーな、と判断したって事」だよ。

すげーよこれ、俺カッチリスーツ着てたんだよこれ。なんで分かったんだよこれ。

……何が可笑しい!!!!

人は人を見かけで判断するもの。クローズの不良少年達だって、高校を卒業した後はこんな問題にいくつも直面していた。いや、俺は金持って無いから、彼の判断は正しかったんだけどね? どうやら貧乏ってのは染みったれた顔に張り付いてるらしいわ。

◆物語はいよいよ武装との戦いへ


さて、豪快に脱線してしまったが、『クローズ×WORST V』の「激闘日記」も気づけば今回で7回目。前回と同様に、まずはストーリーの流れを紹介しつつ、後半では注目要素「V進化」について解説しちゃうぞコラァ!

リンダマン戦を経て、いよいよ戦いの場は鈴蘭対武装戦線へと移り変わっていく。これは春道の想いや活躍に関係無く、武装戦線内部にはびこる小物のせいでもあるんだが、それはまたおいおい説明するとしよう。んで、我らが春道は、いつものようにいつもの場所でのんびりとしていた。


つるむのは嫌い、嫌だと言う春道。この発言の裏には中学時代の出来事が見え隠れする。が、詳しくは原作を読んで欲しい。春道は一匹狼や狂犬などでは無く、普通に接する事のできる男。それ故に、優しいだけに一人で突っ走る時がある。他の奴の人生を背負えるかどうかは強いか否かと違うもの、だからこそのブルとの関係だったんだろう。


一方場を離れようとする春道を止めたのは、意外にもマコだった。ってかどうよこの絶妙な言い回し。「とってもコーフンするビデオ」(意味深)みたいな感じだよこれ。ビデオってのも時代感が出てるよなあ。ま、このビデオってマコが大好きなアレなんですけどね!


場面変わって、こちらは阪東。阪東一味のこれからの生活ってのも、作中のキャラ、特に後輩たちに影響を及ぼしている。阪東とヒロミは「続」以降も長く続く関係だけに、この時からは想像もつかなかったな。


ここからいよいよ本格的に対武装へと突入するわけだが、佐川のコメントが今更過ぎて笑うわ。おまえ開始直後から「佐川新聞」やってたじゃねーか。


そんな佐川、初登場時はこんな感じで、いかにも不良って感じだったんだが、それがいつのまにあんなキャラになったのか。まあパシリやってるって時点で素養はあったんだよな! ここでフライングボディアタック


をくらって春道の軍門に降るあたりはマジで笑わせてもらったわ。つーかさあ、冷静になるとこれって洒落にならんくらい危ないな。走ってるバイクにフライングボディアタックって、普通死人が出るっつの。本当に、佐川もヤスも頑丈な奴だなあ。


さて、弱った阪東をボコボコにして悦に入っていた水戸。そしてそれを諌める真木。舐めるな、という理由は、鈴蘭にリンダマンがいるからだった。ここでもこれだけ恐れられているって、リンダマンはすげーよ。この真木は重要な立ち位置になるかと思ってたんだが、人気が無かったのか静かにフェードアウトしていったね。秀臣の武装は小物が多いイメージってのも、卑怯って事に原因があったりして。

ストーリーはひとまずここまで。次回は龍信との戦いを経て鈴蘭対武装の最終局面までねっとりやってくぞー。

◆メンツの強化は週替りのクエストで!


『クローズ×WORST V』では、キャラそれぞれにレア度が設定されている。それを「V進化」させる事で、最大レベルや各種パラメータが向上し、戦いを有利に運ぶ事も可能になるんだな。もちろんレア度が低くたってヤスの持つ回復は役にたつし、各キャラが備える「スタイル」によっては、敵対勢力を極端に弱体化させて戦いを有利に運べるようになるものだってある。

スタイルの効果は編集画面の歯車を触って変えられるから、是非一度効果を確かめて欲しい。例えば春道の持ってる「カラスの闘志」は鈴蘭メンツの攻撃力をスゲーアップさせ、将五の「髑髏の気合」は武装メンツの気合ゲージを高める効果があるぞ。スタイルそのものは同じ段数のスタイルを持つメンツで強化可能、レア度が上がれば効果はさらに強力なものへと変化する。てわけで、今手元にあるメンツをさらに強化しようって思い、実際に誰が強化可能だか見てみた。


……おい、おまえらじゃねーよ。おまえら名も無き民を進化させるメリットはどこにあるんだ!? そこでだ、まずどのメンツに何が不足しているのか、そこから調べる事にした。


まずはコイツ、みんなが愛してやまない武装のモヒカン。え? そいつじゃない? いやいーじゃねーかモヒカン! だってラーメンだよ? モヒってラーメンしてる哲也なんだよ? だったら選ぶしか無いじゃない!


戦闘中だってラーメン掲げて体力回復する素敵様じゃねーか。むしろ万民に愛されるべきキャラだわ。そうだモヒカンを国定の髪型にしよう。そうすれば世界がモヒカンの元で幸せになる。と、ひとしきり暴走した後で、改めて必要なものを見てみる。ありゃ、こいつはほぼ集まってるな。必要なのは証だけで、これはサブイベントで手に入るらしい。現在武装編を攻略中ではあるが、まだイベント出て来ないからV進化できねーんだよなあ。★3だが、コイツの強みはなんと言ってもラーメン! 武装メンツで編成した際にはかなりの回復屋としてラーメンを振り回すから、是非とも育てておきたいところよ。


まーこうして並べてみたんだが、みな見事に「V強襲クエスト」で手に入る証が足りていない。この「証」ってのは「鈴」とか「武」とか書かれてるエンブレムの事。モヒカン順に、上から「陽の証」「城の証」「盾の証」「剣の証」「星の証」で、「共」と書かれたそれぞれの証は土曜日のクエストで入手できる。さっきも書いたように、V進化のために必要な最後の証はそれぞれの「V強襲クエスト」などで入手できるため、トップ画面にあるイベントカレンダーをこまめに見る必要があるんだ。そのあたり面倒ではあるが、V進化したキャラはレベルも能力もかなり上がるため、敵が強くて断念したクエストなんかもクリアできるようになる。チャンスがあれば是非やってみて欲しい。日替わりの素材集めは難易度も低く、証も簡単に手に入るぞ。

丁度、十三の証を入手したんで、どれくらいのもんか見てみよう。


上に表示されているのが、★3の十三。レベルはMAXで、スタイルの数はひとつ。


そしてこれが、V進化した後の十三だ。レベルMAX時の各ステータス上昇数はほぼ倍。上の画像をもう一度見てもらうと分かるように、スタイルの数が二つになっているのも分かる。もちろんV進化させる事だけが戦闘で有利に働くわけでは無いが、確実に戦力の増強になるため積極的に狙っていきたいんだよなー。


ちなみに、V進化に複数の道が用意されているキャラもいて、その中の一人である春道★5だとこんな感じ。「鈴蘭頂点と呼ばれる男V」はスタイルの強化と攻撃力の強化が、「鈴蘭史上最高の男V」は、対武装戦線用のスゲー有利なスキルがある。「最高の男V」へのV進化はかなり難しそうだが、連載中に他の★4も含め、すべて進化させてやるからなあ!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



2月もそろそろ半ばに差し掛かる。春に向けてさらなる活力を得るために、いっちょ景気のいい画像でも貼って俺は消えるぜえ。

【ダウンロードリンク】


(C)高橋ヒロシ(月刊少年チャンピオン)1991-2016
※高橋ヒロシさんの「高」は旧字体です。環境により表示できないため、「高」を代用文字としています。
(C)Konami Digital Entertainment
《平工 泰久》

編集部おすすめの記事

特集

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

    余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  3. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  4. 『P.T.』の影響受けた新作サイコホラー『Visage』の早期アクセスが開始!

  5. 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

  6. 伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

  7. 【特集】『ゲームダウンロードストアまとめ』編集部オススメゲームも厳選!

  8. 「Steam ハロウィンセール」11月3日まで開催 ―『The Witcher 3』をはじめ大型タイトル満載

  9. 『艦これ』で結婚機能が実装!そのやり方と効果とは ― さらに複数の艦娘と結婚する方法も

アクセスランキングをもっと見る