人生にゲームをプラスするメディア

AC『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』5月稼働開始!2人プレイに対応

その他 アーケード

『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』筐体
  • 『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』筐体
  • 「フォースの覚醒」ステージも今夏アップデートで登場
バンダイナムコエンターテインメントは、アーケードゲーム『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』を5月より順次稼働開始すると発表しました。

『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』は、アミューズメント施設などで好評稼働中のドームスクリーン型シューティングゲーム『スター・ウォーズ:バトル ポッド』の新バージョンです。デザインを一新した筐体にはフラットスクリーンを採用。シリーズ初の2人協力プレイにも対応しています。


◆新筐体&マルチプレイ対応



本作では筐体デザインを一新。フラットスクリーンタイプの42インチLCDモニターを採用しており、クリアな映像と迫力の大画面を楽しめます。また、スクリーンとシートに傾きをもたせ、操作と連動してレバーやシートが振動する“体感ギミック”を搭載し、ゲーム中のマシンを操縦する没入感や臨場感を高めています。

さらに、シリーズで初めてマルチプレイに対応。筐体を2台連結することで、プレイヤーは2人で協力しつつ、競い合いながらミッションクリアを目指せます。これまでとは異なる楽しみ方で、「スター・ウォーズ」の世界を堪能しましょう。


◆「フォースの覚醒」ステージも今夏アップデートで登場



本作は今夏のアップデートで、これまでプレイできた「エピソード4~6」を舞台にしたステージに加えて、話題の最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から新ステージの搭載を予定。クライマックスのひとつである空中戦「タコダナの戦い」を追体験できるステージが楽しめるようになります。

もちろん『スター・ウォーズ:バトル ポッド』や、個人向け販売中の『スター・ウォーズ:バトル ポッド/スタンダード・エディション』『スター・ウォーズ:バトル ポッド/プレミアム・エディション』も同ステージの追加アップデートが2016年初夏に予定されています。こちらもどうぞお楽しみに。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』は、2016年5月稼働開始予定で、価格は1プレイ200円(出荷時設定)です。

STAR WARS (C) & TM 2014-2016 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

    『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

  3. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

    「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

  4. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  5. いよいよ走り出した「インサイドちゃん」バーチャルYoutuber化計画―編集長が東北へ!?

  6. サンライズは責任を持って宇宙世紀作品を作り続けます―「機動戦士ガンダムNT」発表イベントレポ

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

アクセスランキングをもっと見る

1