人生にゲームをプラスするメディア

「うどんの国の金色毛鞠」TVアニメ化決定、香川を舞台に描く

その他 アニメ

(c) 篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会
  • (c) 篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会
「月刊コミック@バンチ」で連載している『うどんの国の金色毛鞠』のテレビアニメ化が決定した。放送は2016年を予定し、日本テレビほかで放映される。ティザービジュアルと主要スタッフが明らかになった。

『うどんの国の金色毛鞠』は「月刊コミック@バンチ」で連載されている篠丸のどかのマンガである。単行本は2月9日に最新巻である7巻が発売している。タイトルにある“うどんの国”ということで香川県を舞台にした作品だ。物語はうどん店を実家に持つ30歳の主人公・俵宗太が、父親の死をきっかけに故郷へ帰り、子どもの姿に化けたタヌキのポコと出会ったことから始まる。親友や家族、初恋の同級生との出会いにより、主人公が成長していく様子を描く。

テレビアニメは2016年に放送が決定し、日本テレビほかで放送が予定されている。監督を『進撃!巨人中学校』の監督である井端義秀が務める。シリーズ構成には『俺物語!!』や2016年1月より放送している『ディバインゲート』を手掛ける高橋ナツコ、キャラクターデザインと総作画監督は『石膏ボーイズ』でもキャラクターデザイン、総作画監督を担当する伊藤依織子が並ぶ。アニメーション制作は『アルスラーン戦記』や『新劇場版「頭文字D」』を手掛けるライデンフィルムが行う。

公開されたティザービジュアルは、総作画監督の伊藤依織子が手掛けている。香川県ともコラボレーションを行ってきた注目の作品がアニメ化ということで話題となりそうだ。今後の情報も引き続き待ちたい。

『うどんの国の金色毛鞠』
(c) 篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

「うどんの国の金色毛鞠」2016年TVアニメ化決定 香川を舞台に描く

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

    サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

    佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

  4. 【昨日のまとめ】『FGO』どのアルトリアが一番好き?、「ロケット団」の求人案内が出現、『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』時田貴司に直撃インタビュー…など(10/18)

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  7. 【特集】「主人公より存在感ある強烈ゲームキャラ」10選

  8. 【特集】ゲームでイライラする10の要素

  9. 【特集】広くて危険な「オープンワールドアクションの世界」10選

  10. KADOKAWA・井上伸一郎が「けものフレンズ」について現状を報告─「製作委員会とヤオヨロズの意見に大きな溝」「今後についてどうするべきか相談を開始」

アクセスランキングをもっと見る