人生にゲームをプラスするメディア

『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中

ディースリー・パブリッシャーは、PS Vitaソフト『バレットガールズ2』のプロモーションムービーを公開しました。

ソニー PSV
『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
  • 『バレットガールズ2』まさかの「履いてない」シーンも…最新PVで裸祭りが開催中
ディースリー・パブリッシャーは、PS Vitaソフト『バレットガールズ2』のプロモーションムービーを公開しました。

専守防衛の戦術訓練を目的とした「レンジャー部」に所属する女子学生たちにフィーチャーし、次々と現れる敵や兵器を相手に銃撃バトルを展開していくアクションシューティングゲーム『バレットガールズ』が昨年リリースされましたが、その続編となる『バレットガールズ2』がこの春登場します。


本作には、新キャラや新アクションの追加をはじめ、前作比3倍弱となる任務や、14,400通りを超える下着の組み合わせなど、様々な面で大幅なボリュームアップを用意。また2人同時に行える「ダブル尋問」や掟破りの「逆尋問」など、想像を超える刺激も新たに加わります。


そんな本作の魅力を映像で描くプロモーションムービーが、このたびお披露目を迎えました。この映像には、新キャラクターのエルダ学院レンジャー部をはじめ、戦況を覆す力を持つスキル「SOD(スクランブル・オーバー・ドライブ)」や、“おパンツ”が見えてしまうほど激しいアクション「PTA(パンツ・チラリ・アクション)」など、本作の特徴を様々な角度から紹介しています。


衣装破壊により、戦場では裸祭も開催されてしまう『バレットガールズ2』。重火器の種類は前作の倍以上となり、また各キャラごとに専用武器も用意。ゲーム性もイケない要素もたっぷり味わえるその本質の一端を、最新映像でご確認ください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=kb7V6CZcPNg



『バレットガールズ2』は2016年4月21日発売予定。価格は、パッケージ版が6,800円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)です。

(C)2016 SHADE Inc. (C)2016 D3 PUBLISHER
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

アクセスランキングをもっと見る