人生にゲームをプラスするメディア

“印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として

その他 グッズ

“印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
バンダイナムコエンターテインメントは、「甲州印伝×PAC-MAN」シリーズの商品を発売します。

この商品は、1980年に誕生したアーケードゲーム『パックマン』と、400年以上の歴史を持つ「印伝(いんでん)」の老舗である印傳屋上原勇七のコラボレーションにより製作されたグッズとなります。今回は、ゲーム画面を再現したデザインの財布、パスケース、小銭入れ、印鑑ケースなどが発売。なお、本商品は『パックマン』生誕35周年記念商品の第3弾として登場します。

■印伝とは

「印伝」は、元はインド産の羊や鹿の装飾革のことで、「印度伝来」を略して「印伝(いんでん)」となったと伝えられています。江戸時代に鹿革に漆付けする独自の技法を「上原勇七」が創案し、「甲州印伝」となりました。この「上原勇七」を遠祖とする「株式会社印傳屋上原勇七」は現代でもその技を脈々と受け継ぎ、「甲州印伝」を広く普及させることに貢献。1987 年、「甲州印伝」は経済産業大臣指定伝統的工芸品として認定されています。

◆商品ラインナップ


「甲州印伝×PAC-MAN」シリーズの商品は、全商品が伝統を受け継いだ職人による日本製手作り仕上げ。カラーは「黒革黒漆」「紺革白漆」「赤革黒漆」の3色から選ぶことができます。

■「甲州印伝×PAC-MAN」ウォレット(長財布)


・販売価格:各21,500円(税別)
・サイズ:縦 9.2cm×横 19cm
・札入ポケット1、カードポケット12、ポケット2
・内側にファスナー式小銭入れ

●材質
・本体:鹿革、漆、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」ウォレット(二つ折り)


・販売価格:各16,500円(税別)
・サイズ:縦 9.7cm×横 11.5cm
・札入ポケット2、カードポケット4、ポケット3
・内側の小銭入れはホック式で中仕切り付き

●材質
・本体:鹿革、漆、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」名刺入れ


・販売価格:各6,500円(税別)
・サイズ:縦7cm×横11cm
・名刺ポケット1、外側ポケット2・脇にマチ付き

●材質
・本体:鹿革、漆、合皮(裏地)、レーヨン

■「甲州印伝×PAC-MAN」パスケース


・販売価格:各4,500円(税別)
・サイズ:縦10.6cm×横7.1cm
・クリアポケット1、ポケット1

●材質
・本体:鹿革、漆、牛革、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」小銭入れ


・販売価格:各2,500円(税別)
・サイズ:縦6.5cm×横10cm
・口前のファスナーは、片側が脇の下まで開きます。

●材質
・本体:鹿革、漆、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」印鑑ケース


・販売価格:各2,500円(税別)
・サイズ:縦3.5cm×横8.5cm
・根付部分が朱肉になっています。

●材質
・本体:鹿革、漆、合皮(裏地)
・朱肉ケース本体:鉄
・朱肉:油性顔料(インク)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

これら商品は、バンダイナムコエンターテインメント公式通販サイト「ララビットマーケット」、もしくは携帯電話サイト「ララビット・キャラストア」にて予約受付中。商品は2016年2月上旬より順次配送されます。

(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. アニメ「けものフレンズ」が舞台化! サーバル役・尾崎由香など、メインキャストは声優陣が担当

    アニメ「けものフレンズ」が舞台化! サーバル役・尾崎由香など、メインキャストは声優陣が担当

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

    『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

  3. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

    【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

  4. 新感覚プライズマシン「TRYPOD」が発表―クレーン操作が苦手でもOK!

  5. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  6. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  7. 家庭用ゲームとVRコンテンツの臨界点【Re:エンタメ創世記】

  8. ドラマ「光のお父さん」第1話の制作秘話を原作者が語る―サイト「一撃確殺SS日記」にて連載開始

  9. 【週刊インサイド】『星のカービィ』とランジェリーブランドがまさかのコラボ! 『ニーア オートマタ』のDLCなどの新展開も気になる人続出

  10. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

アクセスランキングをもっと見る