人生にゲームをプラスするメディア

“印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として

その他 グッズ

“印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
  • “印伝”の技術を使った『パックマン』財布・名刺入れなどが予約開始、「甲州印伝×PAC-MAN」として
バンダイナムコエンターテインメントは、「甲州印伝×PAC-MAN」シリーズの商品を発売します。

この商品は、1980年に誕生したアーケードゲーム『パックマン』と、400年以上の歴史を持つ「印伝(いんでん)」の老舗である印傳屋上原勇七のコラボレーションにより製作されたグッズとなります。今回は、ゲーム画面を再現したデザインの財布、パスケース、小銭入れ、印鑑ケースなどが発売。なお、本商品は『パックマン』生誕35周年記念商品の第3弾として登場します。

■印伝とは

「印伝」は、元はインド産の羊や鹿の装飾革のことで、「印度伝来」を略して「印伝(いんでん)」となったと伝えられています。江戸時代に鹿革に漆付けする独自の技法を「上原勇七」が創案し、「甲州印伝」となりました。この「上原勇七」を遠祖とする「株式会社印傳屋上原勇七」は現代でもその技を脈々と受け継ぎ、「甲州印伝」を広く普及させることに貢献。1987 年、「甲州印伝」は経済産業大臣指定伝統的工芸品として認定されています。

◆商品ラインナップ


「甲州印伝×PAC-MAN」シリーズの商品は、全商品が伝統を受け継いだ職人による日本製手作り仕上げ。カラーは「黒革黒漆」「紺革白漆」「赤革黒漆」の3色から選ぶことができます。

■「甲州印伝×PAC-MAN」ウォレット(長財布)


・販売価格:各21,500円(税別)
・サイズ:縦 9.2cm×横 19cm
・札入ポケット1、カードポケット12、ポケット2
・内側にファスナー式小銭入れ

●材質
・本体:鹿革、漆、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」ウォレット(二つ折り)


・販売価格:各16,500円(税別)
・サイズ:縦 9.7cm×横 11.5cm
・札入ポケット2、カードポケット4、ポケット3
・内側の小銭入れはホック式で中仕切り付き

●材質
・本体:鹿革、漆、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」名刺入れ


・販売価格:各6,500円(税別)
・サイズ:縦7cm×横11cm
・名刺ポケット1、外側ポケット2・脇にマチ付き

●材質
・本体:鹿革、漆、合皮(裏地)、レーヨン

■「甲州印伝×PAC-MAN」パスケース


・販売価格:各4,500円(税別)
・サイズ:縦10.6cm×横7.1cm
・クリアポケット1、ポケット1

●材質
・本体:鹿革、漆、牛革、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」小銭入れ


・販売価格:各2,500円(税別)
・サイズ:縦6.5cm×横10cm
・口前のファスナーは、片側が脇の下まで開きます。

●材質
・本体:鹿革、漆、レーヨン(裏地)

■「甲州印伝×PAC-MAN」印鑑ケース


・販売価格:各2,500円(税別)
・サイズ:縦3.5cm×横8.5cm
・根付部分が朱肉になっています。

●材質
・本体:鹿革、漆、合皮(裏地)
・朱肉ケース本体:鉄
・朱肉:油性顔料(インク)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

これら商品は、バンダイナムコエンターテインメント公式通販サイト「ララビットマーケット」、もしくは携帯電話サイト「ララビット・キャラストア」にて予約受付中。商品は2016年2月上旬より順次配送されます。

(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

    【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

  2. 【レポート】「お前は喰種だ!」とCCGに詰め寄られる、「新宿駅 喰種一斉取締作戦」に編集長が参加してみた

    【レポート】「お前は喰種だ!」とCCGに詰め寄られる、「新宿駅 喰種一斉取締作戦」に編集長が参加してみた

  3. 大ヒット映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』と「ドラゴンクエスト」のスライムによる、夢のコラボが実現!

    大ヒット映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』と「ドラゴンクエスト」のスライムによる、夢のコラボが実現!

  4. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  5. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアの小ネタ集、『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長、『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?…など(7/25)

  6. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  7. 『FFVII』の「クラウド」と「セフィロス」をイメージしたオードトワレが、装いも新たに再登場

  8. 「龍が如くスタジオ」8月26日に新作発表会を実施!“衝撃の発表”を予定

  9. 【特集】納涼!『ゲームに登場する海景色』10選

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る